mod_pagespeed

mod_pagespeed を試してみました

Google の Apache サーバ向け高速化モジュール mod_pagespeed の最初の安定版がリリースされました。

折角なので WordPress で試してみました

mod_pagespeed の設定は、デフォルトのままです。

比べてみてもらうと分かるんですが、CSS、JS、画像のファイルサイズが小さくなってます。
幾つかの画像は、すでに Yahoo! Smush.it で最適化されているので、それほど違いがありません。
しかし、Yahoo! Smush.it を適用していない以下の画像は mod_pagespeed を通したものと通していないものでは、ファイルサイズに差が出ています。

また、CSS は Minify するだけでなく、複数 CSS を結合後、小さい画像ファイルは自動でデータURIスキーマに変換してくれたりします。

これらを、特に意識することなく勝手にやってくれるのでラクチンですね。
以下、インストール方法。

と言っても、公式サイトに書いてある通りなんですが
CentOS 64bit版の場合は、以下の通りです。

$ sudo yum install at
$ wget https://dl-ssl.google.com/dl/linux/direct/mod-pagespeed-stable_current_x86_64.rpm
$ sudo rpm -U mod-pagespeed-stable_current_x86_64.rpm
$ sudo /sbin/service httpd restart

設定ファイルは /etc/httpd/conf.d/pagespeed.conf になります。
デフォルトでは、キャッシュファイルや作業用の一時ディレクトリは /var/www/mod_pagespeed 以下に作成されます。
これは pagespeed.conf で変更することができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください