日本殺人事件

51QJXXXRNSL._SL75_.jpg618JWXBH9RL._SL75_.jpg日本殺人事件
続・日本殺人事件
 著者:山口雅也

山口雅也が古本屋で偶然見つけたペイパーバックをアメリカ人の原著者 Samuel X の了承の下に翻訳して出版したと言う体裁を取る作品。

舞台は外国人が妄想するおかしな日本。そこでは、まだ人力車が走り、侍が息づき、家々の門前には鳥居が立ち、遊郭が公認されていた!
死別したカズミ・カアサンの祖国日本のカンノン・シティーに移住してきたトウキョー・サム(トウキョーは母の旧姓)が、奇妙なハラキリ事件、茶室の密室、オイラン連続見立て殺人、相撲取り連続殺人、僧侶消失事件など数々のジャパネスクな難事件に挑む。
いや、もう徹底しておかしな日本に脱帽です。

お気に入りは、続・日本殺人事件収録の「実在の船」。
禅問答を主軸に話が進むため、多少難解ですがオススメです。

収録作

日本殺人事件
 微笑と死と
 佗の密室
 不思議の国のアリンス
 南無観世音菩薩

続・日本殺人事件
 巨人の国のガリヴァー
 実在の船

日本殺人事件」への2件のフィードバック

  1. をかもと 投稿作成者

    かのさん、どもです。

    どうも京極氏の「鉄鼠の檻」が絡んでると噂を聞きまして(笑)

    絡んでくるのは「実在の船」ですね。ですが、直接関係はありません。
    発表時期が、ほぼ同時で禅問答の考案を主軸に話が進むため
    発表時に話題にはなってましたが (^^;;;

    禅問答かと思いきや「シュレディンガーの猫」が出てきたり、気を抜けない作品です。
    「実在の船」が気に入ったならば、同作者の「奇偶」もオススメです。

    返信
  2. かの

    こんにちは、をかもとさん〜。
    この作品、読もうかどうか迷ってたりします(^^ゞ
    どうも京極氏の「鉄鼠の檻」が絡んでると噂を聞きまして(笑)
    倫敦堂の山内銃児がそのまま登場するとか何とか。
    山内さん好きな私にはかなり美味しいような噂の本です。
    をかもとさんのレビューを拝見しているとストーリーもなにやら面白そうです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください