テレパシー少女「蘭」ねらわれた街 前編 1巻

61VW6FSQPYL._SL75_.jpgテレパシー少女「蘭」ねらわれた街 前編 (1)ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
原作:あさのあつこ
漫画:いーだ 俊嗣
シリウスKC/講談社

買いました〜。

いやぁもぉ、何と言いましょうか

猫最高!


まあ、本来読むべきポイントは別にあるのでしょうけども
一応内容をコミックの裏表紙の紹介を使わせて頂くと

いま話題の大人気作家!
あさのあつこ原作の傑作シリーズがついに漫画化!
蔦野市に住む普通の中学生 磯崎 蘭。
登校途中に突然、目の前に現れた謎の美少女 翠。
彼女がテレパシーで会話してきたことで、
蘭は自分が超能力をもっていることに初めて気づいた。
蘭たちを襲ってきた仮面の人物。
街で起こる数々の奇妙な事件。
蘭たちの運命は!?

とかなっていますけど
所詮原作青い鳥文庫! 私の出番ではありません。

そんなわけで、オススメするとすればやはり、ひさ〜しぶりの「いーだ 俊嗣」漫画であるというポイント。
この作者、個人的にはすんぢのペンネームで、今はなきラポートコミックで描いている頃からかなり好きな作者。この人の描く動物には、もう何というかたまらないものがあります! 正直、主人公の蘭とか仲間の翠とか確かに今時の「萌」に便乗して売り込む為には不可欠と思われる女子中学生キャラではありますが、そんなものを描いている暇があったら、もっとキショウとテンケツを描きやがれと言いたくなるような、そんな作品

はい、全然紹介になってませんね!

でもまあ、上記 2 キャラのボケ・ツッコミもなかなかテンポ良いですし。かなり一般的にはオススメの作品だと思います。


−おわび−
冒頭にはああ書きましたけど、実際に猫が登場するシーンは非常に少ないので
もし、猫漫画を期待して買われた方がおりましたら、深くお詫び致します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください