カオスフィールド

カオスフィールド

機種 :Dreamcast / PlayStasion2 / GameCube
発売日:2004/12/16(DC版)
発売元:マイルストーン
ジャンル:シューティング

■ボスXX連発

3D演出の2D縦スクロールシューティング、アーケードからの移植版。全面を通して出現する敵機がボスのみという仕様がちょっと珍しいです。
開発元のマイルストーンは、今は亡きコンパイルのスタッフによる設立だとか。

ChaosField1ChaosField2

以下はDC版を元に書きます。
自機はライフ制で性能が異なる3機から選択。装備はショットとソード。ソードは近距離の敵弾を消したり、敵機にダメージを与えます。加えて、ボタンの同時押し組み合わせで2種類の特殊攻撃(アイテム取得で使用回数増加)が行えます。
ゲームの題材となっているのが、オーダーフィールド、カオスフィールドと呼ばれる世界。2つの世界はフィールドチェンジボタンで移動でき、ピンチの場合の緊急回避としても利用できます。
・オーダーフィールド → 自機攻撃力が弱い、敵攻撃が緩い、アイテムが出やすい
・カオスフィールド → 自機攻撃力が強い、敵攻撃が激しい

稼ぎの要素としては一定時間内に敵弾を消し続けることでHIT数が累積して得点に繋がります。

ポイントですが、クリアするだけなら「ソードで消せる弾を覚える」「オーダーフィールドでアイテムを溜めたら、さっさとカオスフィールドに行って攻める」。稼ぐなら加えて「敵機のパーツを壊す順番」「HITを切らさないパターン化」が考えどころ。
気になる点としては、とっつきの悪さと爽快感の不足を感じます。稼ぎについてもヒットカウンタが画面右端に小さく表示されるだけで寂しい。稼ぎ中の演出がもっとあればなお良かったかと思います。
音楽はテクノトランス系で、単純フレーズの繰り返しながらノリは良し。一見ムリな弾幕も実は消せる弾と消せない弾がミックスされていてパズルっぽい雰囲気もあります。
総合的には、通りすがりの人に薦めるにはパンチ不足。パターン構築が好きな玄人プレイヤー向けといったところでしょうか。
移植度についてはアーケード版のプレイ経験が少ないゆえ不明。ひとこと言うならステージを選んで練習できるモードが無いのが残念です。DC以外の機種はどうなのでしょうか・・・・?
あと、DC版は処理落ちがゲームバランスにいい方向で作用しているのですが、GC版は処理落ちが無いと聞きます。想像するとラスボスとかヤバイッス。

ということで、

並評価。次回作に期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください