なおざりダンジョン 3 巻

なおざりダンジョン(3)なおざりダンジョン (3)
著者:こやま 基夫
CR COMICS/ジャイブ
関連記事:なおざりダンジョン 2 巻

買いました〜。

む あかん調子がいい
調子がいいときには
次 なんかくるで


正しくモカが主人公!
知る人は知っている(当たり前)マイナー漫画! 『なおざりダンジョン』の 3 巻のご紹介です〜。
いやぁ〜、最初の巻が出た時はてっきり穴埋めというか。懐かしさ故に描いたのかな〜とすら思ったのですが、どうも順調に連載は続いているようですね。
今回のストーリーも、いつも通り裏表紙に書かれている内容を参考にさせていただきますと

「ギルド」に所属するモカ、ブルマン、キリマンの今回の仕事は、人工生命である
モンスターの合成を、老舗のモンスター製造会社・キメラファームで手伝うこと。
それぞれの得意分野を活かして順調にこなしていく中、
どさくさに紛れて新種のモンスター「エボ」を孵化する。
モカになつき、圧倒的ポテンシャルを持つこのモンスターの正体とは、いったい?

とまあ、こんな感じのお話。
良く言えば解りやすく、悪く言えば薄っぺらいストーリーがいつも通りに展開します。

一見言い方が悪いように聞こえるかもしれませんが、日本の愛する展開の一つには予定調和というものがあるわけであり。

  • モカは猪突猛進で武器を壊し(エスプリソードを手に入れるまで続くのだろうか?)
  • ブルマンはモカに意見して無視され
  • キリマンは出番がない

変わらないって素晴らしいというのもあるわけですよ。
というか、キリマンに関しては真面目に出番なさ過ぎです。セリフなんて一言もないし(これはいつもだけど)。
やっぱり、前回活躍しすぎた弊害でしょうかね?

そして、ラストもいつも通り!
モカだからこそ言えるキメゼリフには、グッと来るものがあります。

まあ、オススメという意味では、やはり既刊分を読まれている方にとなってしまうのが、少々寂しいところではありますけども。


− おまけ −

しかしこのシリーズ。最初は『おざなりダンジョン』までのそれぞれのキャラの隠されていたストーリーに焦点をあて、その後『なりゆきダンジョン』の続きでも描かれるのかな〜と予想していたのですが、何か全然関係なくなってきた雰囲気ですね。やっぱ、単にこのキャラと世界観で話を描きたかっただけなのでしょうか?

まあ、それでも OKOK なんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください