異時 1巻 あの日と同じ暑い夏

07146762.JPGあの日と同じ暑い夏 異時 (1)
買いました〜。

木村明広先生の、もの凄く久しぶりの作品ですね〜。
相変わらず絵が上手いです。キャラ可愛いです。眼がキラキラしています。変な衣装のデザインいけてます。男のデザインと衣装いい加減です。女性みんな垂れ眼です。
思えば、エメラルドドラゴンのキャラデザインで見初められて。ヴェインドリームは記憶になくて。アルシャークはプレイすらしていない……………というのは、木村明広先生の話ではなく、芭蕉ハウスとかグローディアとかライトスタッフとかの話なんかしても、読者の方は全然面白くないと言うか、逆に懐かしさの為に抱腹絶倒になるかなぁ〜という感じなので、まあレビューに戻ります。

物語は、未来からやってきた少女がひいおじいちゃんの想いを代わりに遂げようと、その時代のひいおじいちゃんと行動を共にしてひいおばあちゃんを捜しながら、文明のジェネレーションギャップに可愛くとまどう・・・・・。更に、時間移動取締官・・・・・

すっげーデジャブ? まあ、気のせい気のせい

そんな物語です。

さて木村明広先生の作品と言えば。真面目なのを書かせれば、絵ばかりが先に進んで中身がどうも浮いてしまうというか、読者に伝わらないというか……正直に表現すればつまらない作品が多かったかなぁ。一方で、ギャグを書かせれば、絵ばかりが先に進んで中身がどうも浮いてしまうというか、ただ単純に面白くないというのが私の中に存在する感想。

しかし! この作品は、結構良かったです。
全体に真面目なストーリーを一本入れながら、所々にかますギャグが結構バランス良く、通して飽きずには読めました。
また、全体の話としては消化不良感が大いに残る点は否めませんが、世界観というか、時間移動システムの設定だけをそのまま使って、次の作品は今回のキャラと何にも関係のないところで書いてしまおうという(いわゆるオムニバス形式?)潔さはなかなかのものです。
まあ、要するに今回の巻の消化不良部分はそのまま置き去りです。

とりあえず、機会があったら読んでみるのもよろしいのではないでしょうか。

−おまけ−

とはいえ、話の主題というか世界観の主題となる時間旅行者の設定はなかなかです。
他のタイムパラドックスのストーリーとは異なり、未来から過去への移動が歴史を変えたりすることに繋がるわけではなく。海外旅行に行くのと同じ様な感覚で過去に旅行する事ができる設定は、ちょっと新しい感覚があります。
また、時間移動自体も、特定のワームホールを用いて行う為に 100 年という特定の過去にしか戻ることができず、それ以外の時間に辿り着くことはできません。そして、同じ時差のまま両時間が進行します。
設定がなかなかに面白いだけに、次回作品にもちょっと期待しています。

というか..
やべ、おまけが真面目になっちまった。まぁいいか〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください