NARROW MARGIN

51402WWS62L._SL75_.jpgカナディアン・エキスプレス
 出演:ジーン・ハックマン、アン・アーチャー
 監督:ピーター・ハイアムズ

ジーン・ハックマン主演のサスペンス。
姿を消した重要な殺人事件の目撃者を追う検事をジーン・ハックマンが熱演。
初見の時は、何かの映画と2本立て(懐かしい響きだ)のオマケとして見ました。
# メインで見に行ったはずの映画が記憶に残っていない (^^;;;

ラスト、走る列車の屋根の上でのアクションシーンがたまらない。
おじいちゃん頑張れ〜、落ちるなって感じで、別の意味でハラハラドキドキ
敬老精神を思い起こさせてくれる映画。

残念ながら、ストーリーはあまり覚えてないです 😛

8 thoughts on “NARROW MARGIN

  1. Ash

    おぉ〜、ついにここまで来ましたね(笑)。でもまあ、音楽って何つーか…その人の人柄や性格まで垣間見える様な気がするから、チェーンメールと違って面白いやね。まあ、あんまり私はまともな曲聞いてないんですけどね…(汗)。

    というわけで、いぶくろさん! すみません。
    折角バトン振って頂いたのですが、私だとよくわからない怪しい世界になるのが目に見えているので、共同執筆者のをかもとの方に投げようと思います。

    いえいえ、大丈夫。をかもとなら期待を裏切らない も っ と 怪 し い 世 界 を書き上げてくれると思いますので(爆)。

    つーわけで、頼むぜぃ>をかもと

    返信
  2. をかもと 投稿作成者

    いぶくろさん、コメントどもです。

    ついに来ましたか、恐怖のチェーンメール「ミュージカルバトン」(^-^)
    taka さんの所の SecoHanBlog でも見かけたので、そろっとうちにも来るかなぁと思ってたんですが….
    Ash ご指名のようですが、私が答えさせてもらうかもしれません。

    返信
  3. ピンバック: 観た。読んだ。聴いた。

  4. いぶくろ

     ピーター・ハイアムズは撮影監督も兼任する監督ですね。
     ハリウッド映画ではかなり珍しいと思います。
     最近では「レザボア・ドックス」の撮影監督、アンジェイ・セクラが「CUBE2」で監督と撮影監督を兼任していました。
     ロバート・ロドリゲスは「レジェンド・オブ・メキシコ」では脚本・監督・製作・撮影・美術・編集・音楽を担当していました。
    「エル・マリアッチ」と同じスタイルですね。 
     ハリウッドでは異色の存在です。

     ミュージカル・バトンが回ってきましたので、もしよければお願いします。
     お時間がなければ、パスしてください。

     

    返信
  5. をかもと 投稿作成者

    うむ、あの切なそうな顔は何ていうか記憶に残る。
    「ジーン・ハックマンも歳取ったなぁ」
    ってのが、第一の感想だったからなぁ。

    返信
  6. Ash

    いやぁ〜でも、あの列車の上で殴り合っている時の、今にも死にそうなくらいに真っ赤な顔は忘れられんわー(しみじみ)

    返信
  7. をかもと 投稿作成者

    haru さん、初めまして、コメントありがとうございます。

    すいません、言葉足らずでしたね。
    力走はしません。どちらかというとヨレヨレ。
    今にも落ちそうでハラハラドキドキ。

    返信
  8. haru

    ストーリーを忘れるほどの・・おじいちゃんの力走・・・ちょっとだけ見てみたくなりました!(^−^)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください