新型PS2の互換性問題

あちこちで話題になっている、これから発売される新型PS2の互換性問題の話です。ソースはこちら

内容としては比較的新しいタイトル(鉄拳5:2005/03/31発売)が入っているのが気になります。
「鉄拳5」ジャンキーや「村越正海の爆釣シーバス・フィッシング」が現役な人には見逃せない話です。テスターさんはお疲れ様。

個人的な話になります。
我が家のPS2(SCPH-15000)は4年ほど経過していて幸いソニータイマーは発動していませんが、そろそろ耐久性が不安になってきました。
買い替え時には掲題のSCPH-75000系は避けたいところです。
ここで何となく「全部こっそり SCPH-70000 → 75000 へ入れ替わるのではないか」とイヤな予感を抱いています。(動きがあるとすれば年末商戦以降?)
このままPS3まで粘るのは不確定要素が多いこともあるので、今後の動向によってはSCPH-70000を確保するか思案中です。

↑ と、順当に反応すると何だかソニーの策略に引っ掛かったような気もします。
ソニーとしては互換性がこのような状態で(反響のリスクが読めないまま)無理に発売するからには、それに見合ったメリットがあるだろうと。PS3への足がかり?
実は意図的に互換性を落として在庫処分を誘発するとか。そうであれば「村越正海の爆釣シーバス」「田中寅彦のウル寅流将棋」はいいとしても「鉄拳5」「クロノ・クロス」は地雷ソフトにしないよなぁ・・・・。
いや、痛いのは承知で少しだけメジャーなタイトルを入れ、想定外のアクシデントだという演出をリアルにするのだ。私ならそうする!
ということでやっぱり SCPH-50000 MB/NH の選択が吉なのか?
・・・・
などと多重妄想していると無駄にMPを消耗します。皆様は真に受けないでください。

ちなみに、以前に SCPH-50000 NB (薄くなる前の最終モデル。BBパック無し) を確保しておこうと考えていた矢先に薄型の発表があって、50000 NBは一気に店頭から無くなりました。そもそもはここで買い逃したのが痛いです。

1 thought on “新型PS2の互換性問題

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください