鈴木爆発

鈴木爆発ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9

機種:PlayStation
発売日:2000/07/06
発売元:エニックス
ジャンル:?
パッケージ裏面

■理由なき爆弾解体

パッケージからゲームジャンルを読み取れず、ゲーム屋の陳列棚では「その他」のジャンルにこっそり置かれるソフト。アドベンチャー? パズル?
ヒロインの鈴木さん(モデル:緒沢凛)がストーリー中に爆弾に遭遇して解体していくゲームです。

状況はさまざまで、宅急便で送られてきたミカンが爆弾だとか、入院してお見舞い弁当もらったら爆弾だとか、喫茶店でアイスコーヒー注文したら爆弾だとか、シュールで意味不明なストーリーが展開します。
爆弾解体シーンはドライバー、ペンチなどの道具を使用して制限時間内に爆弾を解体すればクリア。最後は赤と青のコードを切るお約束が待っています。
ポリスノーツ(コナミ)をプレイしたことがある人は爆弾解体のミニゲームを思い出してもらうと良いです。そんな感じで洞察力が必要なパズルゲームになっています。
時間切れや誤った処置を行うと爆弾が爆発してゲームオーバー。ただし、何回でも挑戦できて解体手順も決まっているので覚えていけばクリアできると思います。
(スコアの代わりに解体率と解体速度のランク付け有り。速いほど良評価。)

気になった点は、こんなところ。
・ストーリー進行が実写の静止画像 (一部で動画有り)
・出演者の声にやる気がなくていい加減 (意図的かも)
・音楽があまり無い (無音のシーンが多い)
・爆弾解体シーンはそこそこ面白い
・1度はミスして爆弾爆発シーンを見るべき(爆弾ごとに個別に作ってある)

爆弾解体の部分が本当に作りたかったところで、ストーリーはどうでもよかった? 演出に回せる予算が少なくてこうなった? 緒沢凛の宣伝目的? 当時はこれがハイセンス評価?
などと、エニックスにしてはマジメなのか手抜きなのか狙いがよくわかりません。一応ストーリーのバカバカしさを買ってバカゲーということにしておきます。
ちなみに、爆弾解体シーンでネジを回す作業(ボタン連打)が時間制限もあって結構疲れるので、連射機能付きのコントローラーがあると楽です。

ということで、

シュールな世界で理由なき爆弾解体をしたい人に。

2 thoughts on “鈴木爆発

  1. もとい 投稿作成者

    ■taka さん
    こんにちは。
    お二人はこのゲームがきっかけで結婚されたそうですよ。(Wikipediaに載ってました)
    内容ですが、爆弾解体シーンのアクションパズルは万人向けに楽しめると思うので、
    ・唐突でシュールなストーリー展開が肌に合うか
    ・静止画を多用した(実写の紙芝居みたいな)演出を新鮮と思うか、退屈するか
    といったところで人を選ぶと思います。
    鈴木爆発っていうタイトルはふざけてて好きですね。

    返信
  2. taka

    どうもです。
    緒沢凛って極楽とんぼの加藤浩二の奥さんですよね(多分)。このゲームが発売されてからそんなにしないうちに結婚してしまったような…。
    ゲーム自体は、インパクトあるなあ〜でも自分でプレイするのはどうかなあ〜微妙だなあ〜と思っていました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください