ガーディアンフォース

ガーディアンフォースir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9

機種:SegaSaturn
発売日:1998/08/06
発売元:サクセス
ジャンル:シューティング

■地味さが惜しい

全方位2Dシューティング、アーケード移植版。自機は戦車で2P同時プレイ可能。
各ステージは強制スクロールの全8面。スクロール方向が状況により変化し、敵機はあらゆる方向から出現して攻撃してきます。

GForce_1GForce_2

ボタンを押すことで砲塔が回転、好きな方向に固定してショットを打てます。ショットはアイテム取得により5種類に変化。ピンチ回避の特殊攻撃(ボンバー相当品)もあります。
全体的に弾を見て反射神経でフォローできるような状況は少なく、難所では 弾を撃たれる=即死(または特殊攻撃で応戦) になるので敵配置を覚えて撃たれる前に撃つ、あらかじめ安全な場所に位置取る、というのが基本になります。ショットアイテムの選択も重要です。
難易度的には、少しかじっただけではかなり高く感じるところ。腰を落ち着けてじっくりやり込めば先は見えて来るでしょう。
もともとアーケード作品だけにシステムはそんなに悪くないのですが、グラフィックや音楽が地味で足を引っ張っているのが惜しいです。自機を戦車ではなく人みたいなキャラクターにするとか、第一印象を良くする工夫があれば良かったかな、と思います。

内容についてもう少し突っ込むと、人のプレイを見たことが無くショットアイテムはどれを使っていくのが本当にベストか? という点が見切れていません。自分は緑色(ヨーヨー)と青色(ロケット弾)をメインにして、時々紫色(ナパーム)です。紫は弾消し弾が頼れます。
旬を外すとこういった情報が拾えないのは無名ゲームの宿命でありましょうか。

ということで、

戦略タイプのシューティングが好きな人にオススメ。接待にもOK。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください