サイヴァリア2

サイヴァリア2

機種 :PlayStation2 / Dreamcast / XBOX
発売日:2004/02/26(DC版)
発売元:サクセス
ジャンル:シューティング
基本情報はこちら

■今度はロボットで出撃

3D演出2Dシューティングのアーケード移植版。前作のサイヴァリア・リビジョンは個人的に気に入っていたので本作は期待大でした。
以下はDC版を元に書きます。

Psyvaria2_1Psyvaria2_2

自機を敵機や敵弾にカスらせる → ゲージが溜まるとレベルアップ(一定時間無敵)、という基本システムは前作通り。
変わった部分は、性能の違う自機が2種類から選択できるようになったこと、ローリング操作の仕様が変更された等があります。(ローリング中にレバーを入れっぱなしにするとローリング状態が保持される)
ハードが変わったのでグラフィックもパワーアップ。
で、前作と比べると内容については残念賞かなぁ・・・・と。気になった点は下記です。
・レベルアップが繋ぎにくく、爽快感が劣る → 敵配置が良くない? 練習不足?
・移動速度のアップが無敵中しか作用しない → ローリング中の移動速度が足りない
・ボス前の演出がスキップできない → 何回も見ると飽きる
・自機のグラフィックが視覚的に大きく、当たり判定が認識しにくい

ローリングでレバーをガチャガチャやるのも相変わらずで、やはり意図しないでボガンボガン死ぬのでムッと来ます。それがサイヴァリアらしいと言えばそうなのですが。
自機が増えないのでタコミスするとモチベーション低下とか、稼ぐと得点のウエイトがかなりラスボスに掛かっている・・・・等も変わっていません。
総合的には、調整次第でもっと良くなる余地があったのではないかと思います。
なお、あくまで前作と比べての話なので前作を未プレイの人はまた別の印象になるということで。
オリジナルは縦画面で、家庭用TVで縮小のかかった横画面モードを使用してもあまり違和感なしです。当然縦画面モードもあります。

最後に音楽。これは前作よりパワーアップしていて非常に良い感じです。もちろんピアノが主軸なのは変わらず、カッコイイ曲が多いのです。
最近のゲームはサントラ買いやがれ作戦でサウンドテストモードが付いていないことが多く、本作もしかり。
結局サントラも買っちまいました。 → サイヴァリア2 オリジナルサウンドトラック PLUS

ということで、

並評価。サントラはオススメしときます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください