Be Cool

51MFNSYF5NL._SL75_.jpgビー・クール
 出演:ジョン・トラボルタ,ユマ・サーマン,ビンス・ボーン,クリスティーナ・ミリアン,ハーベイ・カイテル
 監督:F・ゲイリー・グレイ

映画マニアの取立て屋チリ・パーマー(トラボルタ)が映画プロデューサーになる話「ゲット・ショーティ」の続編。

映画界に飽きたチリがリンダ・ムーン(クリスティーナ・ミリアン)と出会い、彼女をプロデュースするために
 リンダと契約しているレコード会社の社長ニック・カー(ハーベイ・カイテル)と対立したり、
 ハマーに乗るラッパー軍団に追っかけられたり、
 質屋を営むロシアン・マフィアと戦ったり
 インディーレーベルのレコード会社社長イーディ(ユマ・サーマン)と踊ったりする話。

冒頭のチリの台詞「続編ばかりの映画界は飽きた。」の言葉に爆笑。
中盤のトラボルタとユマ・サーマンのダンスシーンは「パルプフィクション」を思い出して、思わず涙。

脇を固める出演者も凄いことになってます。
ホモのサモア人ボディーガードを演ずるザ・ロックの外しっぷり。
良き父親にして強面ラッププロデューサー役のセドリック・ジ・エンターティナー
銃を暴発しまくるラップ・スターにはアウトキャストのアンドレ・ベンジャミン
そして大御所エアロスミスのスティーブン・タイラーも本人役で登場だ!

オススメのおバカ映画

関連記事:Be Cool

10 thoughts on “Be Cool

  1. ピンバック: TomorrowBeginsToday

  2. をかもと 投稿作成者

    shake さん、どもです。
    パルプフィクションは公開当時、劇場で観て衝撃を受けました。
    以来、タランティーノ監督のファンです (^^;;;

    返信
  3. ピンバック: シェイクで乾杯!

  4. shake

    をかもとさんは両方の作品をご覧になっていたのですね!
    せめて片方でも観ておけばと無念です(笑)
    ダンスシーンはなんとなく「サタデーナイトフィーバー」を彷彿とさせるなぁと喜んでましたが、「パルプ・フィクション」だったんですね・・・。il||li _|?|○ il||l

    返信
  5. ピンバック: roninの気になること

  6. サルグラ

    こんばんは。
    またお邪魔させていただきます。
    本当にダンスシーンは
    『パルプ・フィクション』からも
    髣髴させるぐらいなかなかだったと思います!
    本当に涙ですよね!

    返信
  7. をかもと 投稿作成者

    サルグラさん、こちらこそTB&コメントありがとうございます。

    この映画、トラボルタとユマ・サーマンのダンスシーンだけが目当てで観たんですが、思わぬ拾い物でした。
    #実際、事前情報はそこだけでしたから (^^;;;
    まさか、スティーブン・タイラーが本人役で出てるとは。

    友人数人と、ノンジャンルで書きなぐってるブログです。
    よろしければ、またいらしてください。

    返信
  8. サルグラ

    TBありがとうございます。
    結構お笑い路線走りまくりで
    それに徹してる感じが好きでした!
    結構メンバー豪華でしたよね!!
    これからもよろしくお願いします。

    返信
  9. ピンバック: 愛のスコーリング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください