EC2 に関連する主要コンポーネント

WordPress 専用高速 AMI “網元” はじめました

AWS でサーバを動作させるには Amazon EC2 (Amazon Elastic Compute Cloud) でインスタンスを立ち上げる必要があります。
VPS とかと同様にまっさらな OS イメージでマシンを立ち上げて環境構築しても良いんですが、WordPress でしか使わないとか用途が決まってる場合、毎回そんなことやってるのもメンドクサイし苦痛です。こっちは、素早くサーバをたちあげたいんじゃ!
ってわけで、AWS には Amazon Machine Image (AMI) って仕組みがあります。
これは、構築済みのサーバイメージを利用して、まったく同じ環境のインスタンス(サーバ)を高速に立ち上げるための仕組みです。
Digitalcube でも、これを利用して迅速にサーバを構築しているのですが、そこで使っているパフォーマンスチューニング済みの AMI を公開して使ってもらうことにしました。
それが、"網元"サービスです。

とりあえず、第一弾として EC2 の一番安いインスタンス t1.micro で WordPress を動作させるためにチューニングした AMI を公開しました。
AWS さんでは新規にアカウントを作成すると、1年間は t1.micro を無料で利用できるようなので、気になる人は使ってみてください。

デモ: http://demo.ninjax.cc/
デモサーバは、AWS の東京リージョンで動作しています。
また、最近βリリースした CDN 提供サービス WP Booster も導入してあります。

仕様

  • OS : CentOS 6.2 (x86_64)
  • Web : Nginx 1.2.2
  • PHP : PHP 5.3.14 with APC
  • MySQL : Percona 5.5.24

インストールされる WordPress は、その時点で最新のバージョンです。(現在だと 3.4.1-ja)
さらに、幾つかのプラグインがデフォルトでインストールされています。

それぞれ有効化はされていないので、適宜有効化してください。
Nginx Cache Controller プラグインについては、これを有効にしておかないと Nginx リバースプロキシキャッシュは利用できないので、注意してください。

使い方

EC2 でインスタンス作成時に、ami-cab507cb を指定してください。
一般ユーザは作成していないため、ssh 接続する時は root で。
MySQL の root ユーザのパスワードは、無しで設定されています。
WordPress 用の MySQL ユーザは、自動で作成されます。ユーザ名・パスワードは、wp-config.php に埋め込まれていますので、そちらを見てください。

WordPress は /var/www/vhosts 以下にインストールされます。
デフォルトサイトは /var/www/vhosts/{インスタンス名} にインストールされているはずです。

HDD は Elastic Block Store (EBS) で 6GiB と少なめで作成されています。
ディスク容量を増やしたい場合は、以下の手順で増やせます。

  1. インスタンス停止後、スナップショットを作成
  2. スナップショットから、EBS ボリュームを作成。(このとき、ディスク容量を増やすことができます)
  3. 現在のインスタンスにアタッチされている EBS ボリュームをデタッチする。
  4. 手順 2 で作成したボリュームを /dev/sda1 として、インスタンスにアタッチする。
  5. インスタンスを起動する。
  6. ssh 接続して # resize2fs /dev/xvda1 を実行する。

WordPress で他のマシン名でバーチャルホストを設定したい場合は、ssh 接続して # wp-setup example.com を実行してください。
例えば example.com を設定した場合は、/var/www/vhosts/example.com 以下に WordPress がインストールされています。

Web サーバは Nginx が設定されています。設定ファイルは /etc/nginx 以下にまとめてあります。
各サイトの設定ファイルは /etc/nginx/conf.d の中に入っています。
最初は

  • default.conf
  • default.backend.conf

が入っています。

wp-setup コマンドで、バーチャルホスト example.com を追加した場合は、example.com.conf、example.com.backend.conf が追加されているはずです。
WP をシングルサイトインストールでは無く、マルチサイトインストールにしたい場合は 〜.backend.conf を修正してください。

網元の公式サイトは、現在作成中です。
できあがったら、そちらでも詳しいことを説明すると思います。

WordPress 専用高速 AMI “網元” はじめました」への10件のフィードバック

  1. ピンバック: nginxの設定ファイルを書きなおした - UKLab

  2. ピンバック: Amazonのクラウドサービスを使い始めました | ITエンゲル係数やや高め

  3. ピンバック: Muninを2.0にしてみた。 » murmur

  4. ピンバック: 備忘録 | AmazonEC2でWordPressを利用する | 備忘録

  5. ピンバック: 網元で Ktai Style とか使う時の注意点 | dogmap.jp

  6. ピンバック: WordVolcano 2012 SUMMER に参加してきたよ | 8bitodyssey.com

  7. ピンバック: WordVolcano 2012 で鹿児島の WordPress コミュニティの熱さを感じてきました #wvkago – ja.naoko.cc

  8. たてぶ

    t1.micro結構あなどれないですね。ちょっと認識を改めてまたチャレンジしてみます。
    公式ドキュメント、期待していまーす。

    返信
  9. たてぶ

    これはお手軽でいいですね。1年間は t1.micro を無料で利用っていう枠組みを知らなかったです。デモを見る限り、いい感じの速度ですね。t1.micro遅いっていうイメージがあったので、利用は控えていましたが、ぜひ今度チャレンジしてみたいと思います。網本サービス応援しています。

    返信
    1. をかもと 投稿作成者

      たてぶさん、はじめまして。

      実は、このサイトも t1.micro です。t1.micro も、設定次第では十分速いですよ。
      ただ、アクセス集中すると、さすがに限界が来ますが。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください