さよなら絶望先生 3巻

51R7XAYYS1L._SL75_.jpgさよなら絶望先生 (3)
著者:久米田 康治
少年マガジンコミックス/講談社
関連記事:さよなら絶望先生 2巻

買いました〜。

ただ人が死んじゃうだけの小説が

担いだだけで100万部突破ですよ!


いや〜、どんどん凄くなってきましたね!
ここまで書いちゃって良いのかなぁ〜と思うような、素敵な作品になってきました。

マガジン大丈夫か?

特に今回は
“文化的”なものを批判する
『第二十三話 一人の文化人が羅生門の下で雨やどりをしていた』
学校に天下りがやってくる
『第二十五話 我輩は天下りである仕事はまだない』
現代の販売戦略の基本“担ぎ上げ”
『第二十六話 ある朝 グレゴール・ザムザが目をさますと御輿を担いでいた』

かなりオススメです!

まあ、買うほどの価値は微妙かもしれないので、
まずは立ち読みを・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください