少年マンガ」タグアーカイブ

ドラえもんプラス 4巻

316T5JDSC2L._SL75_.jpgドラえもんプラス (4)ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
著者:藤子・F・不二雄
TENTOMUSI COMICS/小学館
関連記事:ドラえもんプラス 3巻

買いました〜。

さてさて、前回の冒頭にも書いた通り、ハッキリ言って

そろっと書くネタがない

という感じのドラえもんなわけですが。しかし、それでも読んでみると新たな発見がある。どうしても書きたいことが頭に浮かぶ!

さすがはドラえもん!

さすがは 巨匠!

さすがは 国民的アイドル!

といったところでしょうか? ただただ驚かされるばかりです

さて! その発見とは!!!

続きを読む

絶対可憐チルドレン 1, 2巻

31DVRCA0CYL._SL75_.jpg31YTV57M90L._SL75_.jpg絶対可憐チルドレン (1)絶対可憐チルドレン (2)
著者:椎名高志
SScomics/小学館

買いました〜。

そう遠くない未来、超能力者の存在が当たり前のものになり、しかし、
普通人との軋轢が完全になくなったわけではない世界。若き天才科学者・皆本光一は、
最強の超度7を持つ三人の少女、薫・葵・紫穂のお目付役に就任する。
だが、この三人、カワイイが性格に少々難があって
巨匠・椎名高志がおくる超能力少女育成コメディー、堂々始動!!

椎名先生久々の新作です!
しかも、流行の 1、2 巻同時発売!!

続きを読む

トト!the wonderful adventure 4巻

5100HV14CYL._SL75_.jpgトト!the wonderful adventure (4)
著者:長田悠幸
講談社
関連記事:トト ! the wonderful adventure 1、2 巻

買いました〜。

いやいや、3 巻を飛ばしてのレビューですけど

良い感じに盛り上がって来てますね〜

特に、前巻で判明した「犬の腕輪(ドッグブレス)」の神技(スキル)「喰(リメイク)」の使い方が非常に良いです!
何せ、他のスキルよりも絶対バリエーションの豊富さを誇っていますからね〜。

「EAT-MAN」で使われていたネタですけどね。

まあ、何はともあれ良い感じではあります。

あと
今回から登場したキャラが何と「アリス」!
やっぱり、

オズの魔法遣いだけじゃ、キャラ不足?

になってきましたかね〜(爆)。
まあ、今回は敵が 「兎の耳飾り(ラビットピアス)」 の持ち主というのもあるので、それはそれで意味があると思うのですけどね〜。
逆に、これからどんな物語のキャラを引っ張ってくるのかも楽しみであります。

− おまけ −
続きを読む

さよなら絶望先生 1巻

51TRYAJVEPL._SL75_.jpgさよなら絶望先生 (1)ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
著者:久米田康治
講談社

買いました〜。

少年サンデーでの連載から少年マガジンに移動して最初の作品ですよ〜。

描いている内容はあんまり変わってませんけどね!

系統としては、一話完結の毒の強いギャグ!
糸色 望(いとしき のぞむ)という何においても絶望している問題教師が、その他の問題生徒達と織りなしていく話のない物語です。
行け!!南国アイスホッケー部』や『かってに改蔵』に近い雰囲気があり、過去の作品リストから見ると

  • 行け!!南国アイスホッケー部(全23巻)
  • 太陽の戦士ポカポカ(全5巻)
  • 育ってダーリン!(全1巻)
  • かってに改蔵(全26巻)
  • ルートパラダイス(全2巻)
  • 結構長続きする可能性が高いような気がします。

    マガジンはまた違うと思うけどね!

    最初の巻だというのに、巻頭に前巻までのあらすじがあったり、
    紙ブログとかいって、作者のぐだぐだが書いてあったり、
    巻末に今回の告訴とかのコーナーがあったりと、
    連載にはない演出や遊びを多く含んでいるのも久米田先生らしい感じです。

    まあ過去のこの人の作品が抵抗なく読める人には一応オススメでしょうか

    − おまけ−
    続きを読む

    ドラえもんプラス 3巻

    317AV4KCRRL._SL75_.jpgドラえもんプラス (3)
    著者:藤子・F・不二雄
    TENTOMUSI COMICS 小学館
    関連記事:ドラえもんプラス 2巻

    買いました〜。

    まだまだ出ますよ! ドラえもんプラス
    いやぁ〜。内容が内容なだけに

    そろっと書くネタがないよ(涙)

    ひとつひとつの話の解説をしても仕方ないしね〜。
    マンネリ化、王道化をしながらもそれが面白いという

    水戸黄門パターン!

    的な作品は、これだから困りますよね〜(苦笑)。
    え? だったら別ので書けばいい???

    ごもっともです(反省)。

    しかし、今回は別なのです!
    今回はどうしても書きたかった事があるのです!!!

    続きを読む