equal

1102Y0CM9AL._SL75_.jpgequal
ACIDMAN
2004/09/15

乾いた声と厚みのあるギターが印象的な ACIDMAN の3rdアルバム。ロック系。

アルバム全体のつながり、完成度が素晴らしいです。CCCD仕様なのが残念。
よく聴くのは「降る秋」「イコール」「水写」「暁を残して」「colors of the wind」「migration 1064」。

歌い方は、流す部分と盛り上げる部分がハッキリ、メリハリがあるのが特徴。盛り上がる部分は叫びが入ります。
「降る秋」「colors of the wind」ではスムーズな変速テンポが上手い。
「0=ALL」「彩-SAI- (前編)」「cps」はボーカル無しの曲。単体で聞いてもピンと来ませんが、全曲通しで聴くと流れを作るのに一役買っています。

ロック系ということで、BUMP OF CHICKEN 、サンボマスター 、ASIAN KUNG-FU GENERATION あたりを聴いている人にもオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください