シルエットミラージュ

シルエットミラージュ

機種:SegaSaturn / PlayStation
発売日:■SS版 1997/09/11 ■PS版 1998/07/23
発売元:トレジャー
ジャンル:アクション

■掴んで殴ってカツアゲ

2D横スクロールアクションゲーム。後に同メーカーからリリースされる「斑鳩」の前身とも言うべき属性システムが特徴です。

S_Mirage1S_Mirage2

S_Mirage3S_Mirage4

「元は1つだった世界が、2つの属性に分かれて争い合う」というストーリーに沿って、主人公キャラには赤と青の属性が付いています。右を向くと赤、左を向くと青(特定条件下では反転可能)。攻撃ボタンでその色のショットが撃てます。
当然、敵キャラにも属性があり、

  • 同じ色のショットで攻撃 → 攻撃力を奪う
  • 違う色のショットで攻撃 → 体力を奪う

というルールになっています。主人公キャラが敵の攻撃を受けた時も同様。敵の属性は色で何となくわかりますし、ボスキャラは登場時に属性が明示されたり、ザコキャラはポーズをかけると属性が確認可能なので、属性がわからないという状況は発生しにくくなっています。(戦闘中に切り替えてくる敵キャラもあり)

アクション面では、掴み・ジャンプ・ダッシュのバリエーションが豊富。操作性も問題無し。ステージ毎にセーブされるのも有難いです。
さすがトレジャーと言うべきか、ガンスターヒーローズ並に掴み攻撃の自由度があります。このゲームでは道中で得られるお金でショットを強化できるのですが、敵を掴んで殴るとお金をカツアゲする(←ゲーム進行上重要テク)のも面白いです。

あと、気になったところでは、

  • お金の収集がゲーム難易度を左右する(後半は値段の高いオプションを買えるかどうか)
  • 発動すると無敵になるダッシュ攻撃が強く、一部ボスキャラでもハメ殺し可能

というような少し荒削りな部分も見られます。

演出、技術力については2D表現の最高レベルと思いますので、評価の分かれ目は属性システムがプレイヤーの肌に合うかどうかですね。
パッケージはSS版とPS版があり、後に発売されたPS版は新しいボスが追加されています。内容はほぼ一緒なのでお好みで。個人的にはSS版がオススメです。

ということで、

アクション好きならプレイする価値ありです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください