エスプガルーダ

エスプガルーダ

機種:PlayStation2
発売日:2004/06/17
発売元:アリカ
ジャンル:シューティング

■アリカ社のこだわり移植は職人気質を感じる

2D縦スクロール弾幕シューティングのアーケード移植版。
アーケード作品「エスプレイド」の続編に当たります。← これも随分経ちますが家庭用に移植されませんでしたねぇ。

Espgaluda1Espgaluda2

システムはショット+ボンバー(緊急回避バリア)形式。自機キャラは性能が異なる2人から選択。
独特のシステムとして「覚醒」があります。敵を倒すと出現する宝石アイテムを回収することで使用可能になり、覚醒ボタンで発動。覚醒中は自機以外の処理にスローが掛かり(貯めた宝石アイテムも減っていく)、敵弾が楽に避けられるようになります。
また、覚醒中に敵を倒すと画面中に残っている敵弾が得点アイテムに変化します。(点稼ぎの主軸)
参考動画 → YouTube「ESPGALUDA AGEHA ALL part3

で、この覚醒システムがゲームバランスに良い方向で作用している感じです。
慣れるまでは覚醒を無駄使いせず難所のみに集中して使うことで割と楽に先の面まで進めますし、稼ぎに走れば画面を埋め尽くす弾をアイテムに換金する爽快感、パターン作成のパズル的面白さがあります。
難易度的には、覚醒のおかげもありますが同社の他作品(怒首領蜂、怒首領蜂大往生、ケツイ等)より易しめの調整で遊びやすいです。

それから、移植度については怒首領蜂大往生で見せてくれたアリカ社こだわりの移植で満足。
オプションモードが非常に充実しており、面セレクト、リプレイ記録、リプレイ再生途中からのプレイ突入可能・・・・等々で存分に練習できるようになっています。
PS2版専用のアレンジモードが入っていたり、スーパープレイが収録された攻略DVDが付属していたりとコストパフォーマンスも良いです。
アーケード版は縦画面ですが、普通のTVで使う横画面モードでも解像度は足りているようですのでプレイのしやすさはTVのサイズ次第になります。当然縦画面モニタがあれば幸せになれるでしょう。

ということで、

初心者から上級者まで幅広くオススメできる良質シューティング。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください