Rez

Rez

機種:PlayStation2 / Dreamcast
発売日:2001/11/22(PS2版)
発売元:セガ
ジャンル:シューティング

■ノリ重視の雰囲気ゲー

ワイヤーフレームと透過処理を多用した、スタイリッシュな3Dシューティング。


Rez1Rez2

システムのポイントを列挙。
・自機はライフ制で、数回被弾するとゲームオーバー。アイテム取得でライフ回復
・ショットボタンを押したまま、アナログスティックで照準を動かして敵機をロック → ショットボタンを離すとレーザーで同時攻撃。最大8機まで
・敵弾は全てロックショットで防げる
・ショットを撃ったり、敵機を倒すと音が鳴る

で、狙いは「スタイリッシュなグラフィック + 切れ目なく流れっぱなしのテクノトランスBGM + ショット発射や敵機破壊時の音」のコンビネーション → 気持ちイイ。
確かに、敵機の出現パターンがBGMとシンクロするように組まれており、高速で流れていく背景、爆発エフェクトなどが組み合わされると爽快感はあります。

ですが・・・・個人的には、やることが撃つだけしかないのが物足りない感じです。
また、自機の動ける範囲は狭く、攻撃を避けることがほとんどできない → 撃つことで防御も行う → スティックの手元がかなり忙しくなります。

慣れるほど単調になってきて飽きが早い、短期的にはまあハマれる、といったところでしょうか。音楽の好みが合うかどうかも重要です。
難易度は易しめで「気楽にRezモード」というゲームオーバーにならないモードもあり、問題無し。

パッケージはDC版とPS2版があります。大きな違いは、描画がDC版30fps、PS2版が60fps。個人的にはPS2版をオススメしておきます。

ということで、

テクノミュージックが好きな人へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください