新しき日本語ロックの道と光

31qswv2CfqL._SL75_.jpg新しき日本語ロックの道と光
サンボマスター
2003/12/03

ギターロックなバンド、サンボマスターの1stアルバム。
初めて聴いた時はエレファントカシマシを連想しました・・・。


変速的な語りと叫びまくる歌い方はクセがあり、「熱い」「暑苦しい」が同居。
でも繰り返し聴いていると慣れます。そして、聴き込み量に比例してじわじわ効いてきます。

良かった曲は「愛しき日々」「人はそれを情熱と呼ぶ」「夜汽車でやってきたアイツ」「残像」「さよならベイビー」「それでもかまわない」。

1stアルバムとしては、なかなかの完成度だと思います。
アップテンポでやかましい曲が多いので、テンションを上げたい時やドライブミュージックにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください