竹光侍 1 巻

311U9qSC98L._SL75_.jpg竹光侍 (1)
著者:松本 大洋
原作:永福 一成
BIG SPIRITS COMICS SPECIAL/小学館

買いました〜。

お前を何より愛しく思う
気持ちに偽りはないに……
許せ國房。
  許せ
    許せ……
 
しかし、我らが対で居れば
災いを招くは必定………
 
それは必定。


Good!

というわけで、非常に良い感じに始まりました。
松本大洋先生の新境地時代劇で描かれる「竹光侍」。

先生にしては珍しい原作者付きのこの作品ですが、特に原作本があるという訳ではなく。単に時代考証やキャラクターの設定として、大学時代の先輩を招いて考えたという感じでしょうか。原作付きでも全然代わらぬ松本ワールドに感動です
特に主人公瀬能宗一郎。その、あまりに素頓狂な行動は、単純に笑えながらも奥深いものを感じずにはいられません。

ストーリーは、とある江戸の長屋「かたぎ長屋」を舞台に、ある日突然やってきた浪人“瀬能宗一郎”を中心に描かれる日常。この男、剣の腕はめっぽう立つが、何を起こすか全然予想も付かない行動ばかりする。そこに興味を持った以前からの長屋の住人“勘吉”と共に話は進んでいく。

まだまだ先のストーリーは見えてこないもの、中に描かれているものからして今後の期待は大!
しかし、あまりに特異な松本ワールド故に万人にオススメという意味では微妙なところ。
でもな〜。
現在映画化されている「鉄コン筋クリート」が人気コミックとして紹介されているのを考えると、万人に勧めて良いのかもしれませんけどねー。


しかし、「ピンポン」「青い春」「鉄コン筋クリート」と色々と実写化・アニメ化されてますね〜。
次は「ZERO」辺りでしょうかね? 「GOGO モンスター」よりは解りやすいし好きな作品なんですけどねー。

2 thoughts on “竹光侍 1 巻

  1. ピンバック: RAINEY TOON -The mature suite-

  2. ピンバック: やすのぼやき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください