沙門空海唐の国にて鬼と宴す

沙門空海唐の国にて鬼と宴す (巻ノ1) (TOKUMA NOVELS)沙門空海唐の国にて鬼と宴す 巻ノ2 (2) (TOKUMA NOVELS)沙門空海唐の国にて鬼と宴す
 巻ノ1 巻ノ2 巻ノ3 巻ノ4
 著者:夢枕獏

「おれは、密の何もかもを、根こそぎこの手にほしいのだよ。」
「—」
「しかも短期間でだ」
「なんと」
「そのためには、ただの留学僧空海として青龍寺へゆくよりは、
あの空海ということでゆく方が早かろう。」

貞元二十年(西暦804年)、遣唐使として橘逸勢らとともに入唐した若き沙門空海
その頃、唐の都長安では、2つの妖異な事件が起こっていた。
役人、劉雲樵の屋敷には人語を解し予言をする猫が現れ、郊外の綿畑では夜な夜などこからともなく声が聞こえてくる。
長安入りした空海と逸勢は、その事件に関わっていき

空海と逸勢の掛け合いが楽しい長編小説。
獏さんの「陰陽師」シリーズの晴明・博雅コンビを思い出します。
陰陽師シリーズがお嫌いでない方にはオススメの1冊です。


獏さんと言えば「キマイラ」「餓狼伝」「サイコダイバー」シリーズなど、とにかく終わらない長編を何本も持っている作家。
しかし、安心してください、この小説は完結しています。
大体、この「沙門空海」だって、今は無き「SFアドベンチャー」で第1話を読んだのは、私が中学生くらいの頃

この調子で、他のシリーズも完結とまでは行かないまでも、せめて再開してくれると嬉しいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください