なおざりダンジョン 4 巻

なおざりダンジョン (4)なおざりダンジョン (4)
著者:こやま 基夫
CR COMICS/ジャイブ
関連記事:なおざりダンジョン 3 巻
買いました〜。

「姫!! 代々の伝統を失う気か」
……失う!!」
「気にすんな 創る前には まず壊せっ


というわけで、遂に 4 巻までやってきました!
こやま 基夫先生の「なおざりダンジョン第 4 巻」をご紹介致します。
さて、まずは今回も裏表紙に書かれている作品紹介を参照させていただきますと

「ギルド」に所属し、なんだかんだといつも一緒に仕事をしている
モカ、ブルマン、キリマンの3人。
だが今回は、古くからロマ砂漠の支配を争う「星の民」と「月の民」に、
それぞれモカとブルマンが助っ人として雇われていた。
お互いの手の内を知り尽くした戦いの結末は?
そして独自に動くキリマンの目的とは──?

そんな感じで、初の三つ巴の戦いを繰り広げます。
まあ、ギルドに嫌われながらも専門分野における基本スペックがべらぼうに高いこの三人。
変に適役の新キャラを登場させるよりも実に小気味良い戦いを繰り広げてくれます。
というか、やはり作者としても扱いやすかったのでしょうかね〜。
何と言いますかメチャメチャテンポ良いです! 今回。
個人的にはキリマンがブルマンの前に姿を現す時とか最高でしたねー。
まさかああ来るとは思わなかった。
そして、相変わらずモカの決めゼリフにはグッと来るものがあります。
難しいことばかり考えずに、時にはシンプルに出す答えというものに心動かされる時もあるものですね〜。

まあ、設定云々の話もありますので、
とりあえずオススメ対象は既刊購読者でしょうかね?
でも「なおざり」シリーズはどれも 1 冊でひとつの物語が完結するように描かれていますので、
とりあえず試してみたいという方であれば、この巻から立ち読みしてみるのも良いかもしれません。


− おまけ −

しかし、作者的にはいつか「なりゆきダンジョン」の続きを書くつもりがあるのでしょうかね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください