容疑者Xの献身

容疑者Xの献身容疑者Xの献身
 著者:東野圭吾

「この世に無駄な歯車なんかないし、その使い道を決められるのは歯車自身だけだ、ということをいいたかったんだ」

ある母娘が犯した殺人事件。
その母娘の隣人である天才数学者石神は彼女達を守るため、完全犯罪をもくろむ。
石神の同窓生でもある湯川は果たして真実に迫れるか?

探偵ガリレオシリーズの湯川助教授が活躍する長編。
犯人と犯行現場は最初に開示されているため、読者に求められるのはハウダニット。
というか殺害方法と殺害現場も提示されているので、石神がどうやって隠蔽しようとしたかの謎解き。
天才vs天才って設定に弱いですね。クラクラしてきます。

映画化も控えているので詳しく書けませんが、これは面白いですよ。
って言うか、展開的には地味な話なので映画化も非常に気になりますね。
TVドラマ版最終回のレッド・マーキュリーのようなトンデモ展開になりそうな要素は有りませんが、そんな飛び道具を追加してくるかも。
# 残念な結果にならなければ良いですが
映画化の際は、原作に忠実に丁寧に作っていただきたい。

2 thoughts on “容疑者Xの献身

  1. をかもと 投稿作成者

    hi-chan どもです。

    この本、面白かったです!ラストの方、泣いてしまって、自分でびっくりしました。

    ヨメも泣いたと言っておりました。私は泣けませんでしたが、話的にはグッとくるものがあります。

    レッドマーキュリーもどきは勘弁してほしいですが(笑)、確かに地味ですよね。

    原作が地味な展開だけにサービス精神を発揮して、おかしな方向に行ってしまわないことを願ってやみません。

    返信
  2. hi-chan

    この本、面白かったです!ラストの方、泣いてしまって、自分でびっくりしました。
    石神役が堤真一さん、母役は松雪泰子さんという噂を聞きましたが・・・まだ正式発表はないですよね?イメージは違うんですが、まぁ期待してます。
    レッドマーキュリーもどきは勘弁してほしいですが(笑)、確かに地味ですよね。どうやって映像化するのか楽しみです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください