WordPress ShortCode Plugin Builder

ショートコードAPIを使用した WordPress 用プラグインを半自動生成する『WordPress ShortCode Plugin Builder』を作ってみました。
これを使用すると WordPress 2.5 で新しく追加されたショートコード API機能を利用したプラグインを簡単に生成することができます。
100SHIKI さんで紹介されていた『Widgetifyr』が、興味深かったのでインスパイアされたものです。
# 『Widgetifyr』は実際には使用していないので、仕様が違うかもしれませんが、まぁ良しとしてください。

使用方法

プラグイン名称・ショートコード名称・整形用のPHPコード・整形後の値を格納する変数を入力して「プラグイン生成」をクリックしてください。
他の項目は、任意入力項目です。
zip形式でアーカイブされたプラグインファイルが生成されてダウンロードできるようになります。
後は、このzip形式のファイルを「プラグイン」の「新規追加」から、追加してやればおっけです。

なお、PHPコードの中では「ショートコードオプション」として指定したキーを変数として使用できます。
例えば、ショートコードオプションでキー名称「url」というキーを登録した場合はPHPコード内では $url と言う名前の変数として利用できます。

使用例

このジェネレータを利用して、YouTube のURLを入力すると埋め込みオブジェクトに変換してくれるショートコードプラグインを作ってみましょう。
各項目に以下のように入力してみてください。

  • プラグイン名称 (必須) :
    YouTube ShortCode
  • ショートコード名称 (必須) :
    youtube
  • ショートコードオプション 1 :
    キー名称: width、デフォルト値: 425
  • ショートコードオプション 2 :
    キー名称: height、デフォルト値: 344
  • ショートコードオプション 3 :
    キー名称: url、デフォルト値:
  • コード (必須) :
    $youtube_id = preg_replace('/^.*\/watch\?v=/i', '', $url);
    
    $return_text =
    	"<object data=\"http://www.youtube.com/v/$youtube_id\" type=\"application/x-shockwave-flash\" width=\"$width\" height=\"$height\">" .
    	"<param name=\"movie\" value=\"http://www.youtube.com/v/$youtube_id\" />" .
    	'<param name="wmode" value="transparent" />' .
    	'<param name="allowFullScreen" value="true" />' .
    	'<param name="allowscriptaccess" value="always" />' .
    	'</object>';
  • 整形後の値を格納する変数 (必須) :
    $return_text

これで、生成するだけで YouTube ShortCode プラグインが完成しました。
簡単ですね。

生成されたプラグインを有効化すると、以下のようなショートコードが使用できるようになります。

[youtube url="http://www.youtube.com/watch?v=52AQm4T0Ii4"]

WordPress ShortCode Plugin Builder」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LifeStream for 2009/10/07(Wed) -8:18am :: BBMaxi.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください