WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド フォロー

WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド3/16 に発売された「WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド」ですが、ありがたいことに Facebook ページやメールで、内容についていくつかお問い合わせをいただいています。
僕が執筆担当したセクションで、特につまずきそうなところや、執筆時から事情が変わったところ、および間違っているところについて、ちょっと解説を入れようと思います。

[P153][P160] epel リポジトリのインストールができない

本書では、epel リポジトリ登録用の rpm パッケージを download.fedora.redhat.com からインストールするように指定しています。
書籍執筆時は download.fedora.redhat.com が利用できたのですが、現在はこのサイトは利用できなくなっており、代わりに dl.fedoraproject.org からダウンロードするようになったようです。
以下のコマンドで、dl.fedoraproject.org から epel リポジトリ登録用の rpm パッケージをインストールできます。

$ sudo rpm --import http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL
$ sudo rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/5/x86_64/epel-release-5-4.noarch.rpm

また、現在のさくらVPS では CentOS 6 がデフォルトになっています。
上記の rpm パッケージは CentOS 5.x 用のモノですので、もし CentOS 6 を使用されているようであれば、2行目は以下のコマンドを使用してください。

$ sudo rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-5.noarch.rpm

参考:

[P170] Nginx の最新バージョン

Nginx の最新バージョンは 1.0.12 となっていますが、現時点での最新バージョンは 1.0.15 です。
特に 1.0.14 では、セキュリティ Fix が行われていますので、1.0.14 以降を利用することをオススメします。
nginx security advisories

1.0.15 のソースのダウンロード先は、以下になります。
http://nginx.org/download/nginx-1.0.15.tar.gz

[P171] rpm ビルド用のソースパッケージがダウンロードできない

これも「[P153][P160] epel リポジトリのインストールができない」と同じ理由で、download.fedora.redhat.com が利用できなくなっているからです。
以下からダウンロードしてください。

[P173] Nginx の rpm ビルドが失敗する

もし、以下のようなエラーが表示されて、失敗するのであれば perl-ExtUtils-Embed というパッケージが、サーバにインストールされていないために失敗しています。

error: Failed build dependencies:
         perl(ExtUtils::Embed) is needed by nginx-1.0.1x-2.el6.x86_64

以下のコマンドで、perl-ExtUtils-Embed パッケージをインストールできます。

$ sudo yum install perl-ExtUtils-Embed

「~ is needed by nginx-1.0.1x-2.el6.x86_64」というエラーは、Nginx をビルドするために必要なパッケージが
サーバに存在しないというエラーです。
他にも、このようなエラーが表示された場合は、指摘されたパッケージを yum でインストールしてやってください。

[P180] Apache, PHP を導入したのに phpinfo() の結果が表示されない

手順の中に Apache を再起動して、設定を反映する所が抜けていました。
ターミナルで ssh 接続して、以下のコマンドで Apache を再起動して、設定を反映してみてください。

$ sudo /sbin/service httpd restart

[P183] Nginx を導入し、PHP の設定を行ったのに phpinfo() の結果が表示されない

具体的には、以下のようなメッセージが画面に表示されるのみの状況に陥る。

File not found.

提示していた nginx.conf の設定が、イマイチうまく有りませんでした。
Gist に、正常に動作するように修正した nginx.conf の設定を載せておいたので、修正してみてください。
WordPress 高速化&スマート運用必携ガイド P183〜P184 修正 — Gist

[P225] ngx_cache_purge モジュールのバージョン

ngx_cache_purge モジュールの最新バージョンは 1.4 と記述してありますが、現時点では 1.5 です。
ダウンロード先は、以下になります。
http://labs.frickle.com/files/ngx_cache_purge-1.5.tar.gz

[P233] リバースプロキシ設定で nginx.conf の構文エラーが発生する

具体的には、以下のようなエラーメッセージが表示される。

the size 4194304 of shared memory zone "cache1" conflicts with already declared size 0 in /etc/nginx/nginx.conf:73
nginx: configuration file /etc/nginx/nginx.conf test failed

P220 の「プロキシキャッシュの基本設定」で提示しているコードが間違っていました。

proxy_cache    cache1;
proxy_cache_path  /var/cache/nginx levels=1:2 keys_zone=cache1:4m
                  max_size=50m inactive=120m;
proxy_temp_path   /var/tmp/nginx;
proxy_cache_key   "$scheme://$host$request_uri";
proxy_set_header  Host               $host;
proxy_set_header  X-Real-IP          $remote_addr;
proxy_set_header  X-Forwarded-Host   $host;
proxy_set_header  X-Forwarded-Server $host;
proxy_set_header  X-Forwarded-For    $proxy_add_x_forwarded_for;

1行目の「proxy_cache cache1;」は不要です。この行を削除してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください