網元で Ktai Style とか使う時の注意点

この前リリースした網元ですが、そのまま使うと Ktai Style とか WP Touch とかを使ってる場合、リバースプロキシキャッシュを効かせると、うまいこと動きません。

おでこんにも突っ込まれました。

ってわけで、その辺もろもろを解消するための設定方法を書いておきますね。

モバイル用に違うキーでキャッシュをさせる方法

網元で自動設定される nginx の設定ファイルを修正してください。
conf.d/default.conf または、conf.d/example.com.conf ( example.com は、バーチャルドメイン名です ) を修正します。

server {
    listen 80 default;
    server_name _;
    root /var/www/vhosts/$host;
    index index.html index.htm;
    charset utf-8;

    access_log /var/log/nginx/$host.access.log main;
    error_log /var/log/nginx/$host.error.log;

    include /etc/nginx/drop;

    rewrite /wp-admin$ $scheme://$host$uri/ permanent;
    #rewrite ^(.*)(index|home|default)\.html? $1 permanent;

    set $mobile '';
    #include /etc/nginx/mobile-detect;

:

#include /etc/nginx/mobile-detect; の行頭の # を取ってください。
その後、 # service nginx restart で Nginx を再起動すればおっけ。

Nginx Cache Controller でモバイル用のキャッシュも削除する

テーマの functions.php とかに以下のコードを追加してください。

<?php
add_filter('nginxchampuru_get_cache', 'nginxchampuru_get_cache', 10, 2);
function nginxchampuru_get_cache($key, $url = null) {
    global $nginxchampuru;
    if (!$url) {
        $url = $nginxchampuru->get_the_url();
    }
    $keys = array(
        $key,
        $nginxchampuru->get_cache_key($url.'@ktai'),
        $nginxchampuru->get_cache_key($url.'@smartphone'),
    );
    if ($key !== $nginxchampuru->get_cache_key($url)) {
        $keys[] = $nginxchampuru->get_cache_key($url);
    }
    return $nginxchampuru->get_cache_file($keys);
}

WordPress のマルチサイトインストールしたい

網元で自動設定される nginx の設定ファイルを修正してください。
conf.d/default.backend.conf または、conf.d/example.com.backend.conf ( example.com は、バーチャルドメイン名です ) を修正します。

server {
    listen unix:/var/run/nginx-backend.sock default;
    server_name _;
    root /var/www/vhosts/$host;
    index index.php index.html index.htm;

    access_log /var/log/nginx/$host.backend.access.log backend;

    keepalive_timeout 25;
    port_in_redirect off;

    gzip off;
    gzip_vary off;

    include /etc/nginx/wp-singlesite;
    #include /etc/nginx/wp-multisite-subdir;
}

15行目の include /etc/nginx/wp-singlesite; の行頭に # を追加して、16行目の #include /etc/nginx/wp-multisite-subdir; の行頭の # を消してください。
その後、 # service nginx restart で Nginx を再起動すればおっけ。

memcached 使いたいんだけど

memcached と php 用のライブラリは、インストール済みです。
ただし、自動起動するようには設定されてないので SSH 接続して以下のコマンドで設定してやってください。

# service memcached start
# chkconfig memcached on

あとは、Memcached Object Cache とか入れてください。

網元で Ktai Style とか使う時の注意点」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 高速にWordPressを動作させる網元を使うべくAWSにブログを移転しました。その手順を備忘録として残します。 - YATのBlog

  2. ピンバック: nginxの設定ファイルを書きなおした - UKLab

  3. ピンバック: AWS+網元でWordPressのマルチサイトを移転しました。 - Diary, WordPressコア機能強化カスタマイズ | Lovelog+*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。