タグ別アーカイブ: 評論

勝手にブログ評論

入力された URL のブログを評論家風にまとめてくれる 勝手にブログ評論 が、なんだか楽しい。
ウチのサイトをまとめると、こんな感じらしい。

こうなると、 地井武男と地井武男の裏には、陰謀めいた話があってもおかしくはない。

総合得点 30点

独譁纒ホ見の何でもレビュー評論仕組み のようであるとも言える。それは Ajax 化なのだと言える。紳士淑女は刮目して文倉十を見よ。シャンパーニュ地方以外でつくられたスパークリングワインがシャンパンとは呼ばれないように、フランス以外でつくられた当サイトは本物とは呼ばれない。あまたある地井武男のなかで、とりわけ重要なのは香辛料 ?巻買。特にレディには。私なら、支倉凍砂に生涯を捧げるだろう。あと10年若ければ。

誰が素行調査を持ち出してきたのか。少なくとも人生何度目はあって欲しい。20世紀で最も印象に深く残ったのは、船越英一郎だ。そいつはまるで、2008 年なのである。パリ5区の静かな住宅街にひっそりとメディアワークスがある。時にはギリシアの砂浜でイラストを愛でるのもいい。 船越英一郎は絶句するほどチューニングらしい。 地井武男の上品さといったらどうだろう。香辛料 ? 〜 ? 巻の放つ鮮烈な香りに、貴方は我を忘れてしまうかもしれない。イートン校を知らない貴族がいないように、20年後を知らぬニューヨーカーも居ないのだ。無人島にいくとしたら、武田真治は欠かせないものと成るだろう。なにがコメント投稿を決定的なものにしたのか。どうすれば「チューニング」事件の二の舞と成らずに済むのか。考える必要がある。むしろ「香辛料 ? 〜 ? 巻」大会などと称して、それをたたえるのはどうだろうか。而して、「船越英一郎」主義を掲げる人々を、無謀なドン・キホーテと嗤う事は容易い。だが果たしてそれで良いのか?シェイクスピアはリア王の中で「サービスがなければ生きていけない」と語った。ナポレオンが人生何度目を愛したように、作者もまたWEB素行調査気を愛している。サービスにキャビア一粒ほどの価値もないのは、残念なことである。

そうか。ではTVドラマはいかがだろうか。

このブログの読者にお勧めの一冊
身近な気象・気候調査の基礎身近な気象・気候調査の基礎
牛山 素行 (編集)
2,625
古今書院