釣りキチ三平平成版 6 三平 in カムチャツカ ビストラヤ川編

61MA70J6RPL._SL75_.jpg釣りキチ三平平成版 (6)買いました〜。
いや〜、相変わらずのクオリティ! 流石矢口高雄先生です。
正直読めば読むほどに俺もこんな釣りに行きてぇ〜と、叫びたくなります(笑)。
しかも、今回のカムチャツカ編は谷地坊主こと、坊主おじさんの復活です! このおっさん。釣りキチ三平の旧作におけるサブキャラの中では、トップクラスに好きなキャラだけに、読者としてもこれからの展開が楽しみでなりません(笑)。

元より、旧作で谷地坊主の出てくる“イトウの原野”自体が凄い好きな話。北海道に行ってイトウを釣り始める所から、ルアーの研究・改良。そして、大格闘の末にバケモノイトウを釣り上げるところは、今でも全然感動の衰えることなく思い出せます。特に、谷地坊主が針の外れたイトウを逃さない為に命を賭けた死闘を演じ、川から上がってきた瞬間にもの凄い量の水を吐きだすシーンは、リアルで考えたら馬鹿以外の何者でもないのですが、それだけに“釣りキチ”らしさが光って得も言えぬシーンでした。
(あー、いかん。すっげー旧版読み直したくなってきた(汗))

話を平成版に戻します(苦笑)。
また、単純に釣りにだけに焦点を当てるわけではなく、舞台となっている場所の気候や、人々の生活。独特の風土や、自然の中におけるマナー等といった旅行モノみたいな知識から、決して忘れてはいけない事柄まで。釣りに絡めて描かれているところは本当に勉強になり、そして心に刻まれます
単に楽しむ事だけを追求しているオートキャンパーの方には、是非まともに読んでまともに考えて欲しいものですね〜(爆)。

あと、この作者ホント絵が変わらねぇなぁ(汗)。
途中に旧作の“イトウの原野”のシーンが使われていたのですが、全然違和感がありません。何というか、一緒に書いたような雰囲気です(全部書き直したのかな???)。ここは1つ旧作と比べて見たいところなのですが、如何せんとても引っ張り出せない事情にありまして、悔しくて仕方がありません

というわけで、旧作の“イトウの原野”編が好きな人には、無茶苦茶オススメです。というか、今すぐ本屋に行きましょう!(爆)。
各所に微妙にちりばめられている伏線から、再び谷地坊主の命を賭けた大格闘がある事を微妙に願いながら、今回はここまでと致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください