TRAFFIC

41ZKBTKY2GL._SL75_.jpgトラフィック
 出演:ベネチオ・デル・トロ,マイケル・ダグラス,キャサリン=ゼタ・ジョーンズ
 監督:スティーブン・ソダーバーグ
麻薬ルートを巡る群像劇を描いたサスペンス。
麻薬ルートの元であるメキシコの麻薬捜査官(ベネチオ・デル・トロ)、アメリカで麻薬撲滅に乗り出す国家の責任者(マイケル・ダグラス)と麻薬におぼれるその娘、夫を救うため麻薬ルートに手を染める妊娠中の専業主婦(キャサリン=ゼタ・ジョーンズ)を主人公にした3つのドラマが同時並行で描かれる。

同時進行される3つの話はフィルムの色分けがされているため、話が混ざることも無く比較的わかりやすい。
しかしテーマが重い。麻薬犯罪をことさらに深刻に描くことも無く、かといって軽妙に笑い飛ばすこともない絶妙なバランスで描かれている。
音楽も控えめで派手なアクションも抑えられているだけに重いテーマがずっしりと効いてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください