ハームフルパーク

ハームフルパーク

機種:PlayStation
発売日:1997/02/14
発売元:スカイ・シンク・システム
ジャンル:シューティング
パッケージ裏面

■HIGH BLOW GAG and PURE SHOOTING

中古屋のシューティングコーナーに置いてなかったら出会わなかったであろうソフト。
パッケージが これ ではねぇ・・・・RPGとかシミュレーションゲームみたいです。これも事前情報無し、後悔覚悟で購入。

で、中身は・・・・

2D横スクロールシューティング。2P同時プレイ可能。
ハームフルパークという遊園地が舞台なのでこんなタイトルになっています。
標準的なショット+ボンバー方式で、武器は最初から4種類所有。ボタンで切り替えられます(サンダーフォース方式)。アイテムを取ると各武器は独立してパワーアップします。
雰囲気としてはパロディウスシリーズのような感じ。展開はあまりスピーディではなく弾速も遅めで遊びやすいです。

Harmful

なお、オプションモードで難易度を上げるとプレステパワー全開の弾幕で熱い!!
システム上の問題点は特に無し。強いて言えば武器のバランス的にアイス・レーザーが必要無い気がしたり、パイ・スプレッドの威力がありすぎるところでしょうか。(←気付けばステージボスであっても瞬殺できてヌルい)
システム以外で言うとHIGH BLOW GAG(ハイブロウギャグ)と言ってる割にはステージデモのギャグがCOOOOOOLというか寒すぎる点。
シューティングには直接影響しないので愛想笑いするのも無言でスキップするのもよろしいかと思います。
他、スコアアタックモードとかおまけゲームが3つ付いていてボリューム的にはお得なのですが、これらは個人的に遊んでいないのでノーコメントです。

強烈なセールスポイントは無いが、まとまりの良い佳作。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください