カエサルを撃て

31JYCT4QYQL._SL75_.jpgカエサルを撃て
 著者:佐藤賢一
ユリウス・カエサル率いるローマ軍のガリア侵攻を、ガリア側の首魁ヴェルチンジェトリクス側の視点から描いた反ガリア戦記とでも言うべき作品。
諸部族が群雄割拠するガリアを纏めあげ、ローマ軍に対抗した若者ヴェルチンと、政治家人生も終盤を迎えポンペイウスへの劣等感に苛まされるカエサルの対比が楽しい。

特に中盤、ヴェルチンとカエサルが直接対峙する辺りからの疾走感は圧巻。
政争に明け暮れ、疲れきっていたカエサルが、ヴェルチンとの対峙で軍人としての誇りを取り戻していく過程が丁寧に描かれ、最終決戦まで一気に盛り上げまくります!

ヤクタ・アレア・エスト(賽は投げられた)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください