In Ladies Room

21RE2YH0S3L._SL75_.jpgレディースルームir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
 出演:グレタ・スカッキ, ベロニカ・フィアース, モリー・パーカー, ジョン・マルコヴィッチ
 監督:ガブリエラ・クリスティアーニ

前半は、脚本家の妻と、脚本家の愛人の新人女優が、控え室(女子トイレ)で化粧をしながら議論する話。
後半は、オペラ劇場で妻と愛人がはち合ってしまいオタオタする情けない男の話。
前半・後半の話が少しずつリンクしています。

特に後半の、妻と愛人を合わせないために四苦八苦するが、結局2人は女子トイレで合ってしまい、気になる夫(マルコヴィッチ)が女子トイレを覗こうとして、またしても四苦八苦。
ところが妻と愛人はトイレで意気投合、和気藹々と話しこんでしまうが、マルコヴィッチが2人に贈ったプレゼントが全く同じだったことでバレてしまい

いやもう、後半の話の主役ともいえるマルコヴィッチの怪演が楽しい一品です。
ラテン系ダメオヤジを思いっきり怪演してくれてます。
愛すべきダメオヤジ好きな方にオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください