大帝の剣

51QMMMMMY7L._SL75_.jpg51Q5HGQDQ4L._SL75_.jpg大帝の剣〈1〉天魔の章?天魔降臨編・妖魔復活編ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
大帝の剣〈2〉天魔の章?神魔咆哮編・凶魔襲来編ir?t=dogmatismandp-22&l=ur2&o=9
 著者:夢枕獏
蓬髪に珊瑚のかんざしを刺し、アレクサンダー大王の大剣を背負った万源九郎が、豊臣の血を引く娘を連れ、宮本武蔵天草四郎時貞、さらには天空船で宇宙からやってきた黒鉄鬼と丁々発止とやりあう時代伝奇小説。

時代伝奇小説好きにはたまらんのですが
獏さんお得意の大風呂敷の広げすぎで、いまだに終了していない作品。
面白くなってきていただけに残念でならない。
最後の「飛騨大乱編」が出たのは平成4年くらいだったか?
他にも未完の作品はあるが、これも早く決着を付けて欲しい作品のひとつ。

ところで、なぜこの作品を思い出したかというと、堤幸彦監督、阿部寛主演で映画化も着々と進行中と言う噂を聞きつけたから。
これは観ねばだ。

関連記事:主演は阿部寛、ヒロインはハセキョー「大帝の剣」映画化」(SANSPO.COM)
       「阿部寛が敵を滅多切り映画「大帝の剣」ロケ公開」(SANSPO.COM)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください