ハイパーデュエル

ハイパーデュエル

機種:SegaSaturn
発売日:1996/11/22
発売元:テクノソフト
ジャンル:シューティング

■変革と書いてメタモルフォーゼと読む

アーケード移植の2D横スクロールシューティング。
と言ってもアーケード版は見たことがありません。テクノソフトだから買っとけ、みたいなノリでブランド買いです。

HyperDuel_1HyperDuel_2

HyperDuel_3HyperDuel_4

収録内容はベタ移植のアーケードモードと、アーケード版のグラフィックや音楽を強化したサターンモード。
自機はショット性能の違う機体が3種類から選べ、Aボタンで戦闘機、Bボタンでロボットに変形します。
両形態は一長一短があり、下記のようになっています。
・戦闘機 → ショットが広範囲、ショット威力が弱い、移動スピードが速い、当たり判定が小さい
・ロボット → ショットが上下方向に狙って打てる、ショット威力が強い、移動スピードが遅い、当たり判定が大きい
また、A+Bボタンで威力のある特殊攻撃が使用可能です。(レベルゲージがゼロになるまで使用可、ゲージは時間とアイテムで回復)
基本的には戦闘機とロボットを使い分けながら進めるスタイルですが、ロボットの時はレバーを上下に入れるとその方向にショットを打つのが独特で慣れが必要、というかぶっちゃけ使いにくいです。
ロボットだと弾避けもしにくく、むやみに変形すると死亡率が上昇。上手く使いこなすには敵配置を憶えて計画的に変形する必要が出てきます。
で、そのあたりを極めるとかなり面白くなるのでしょうが、私はそこまで到達できていません。あまり変形せずにほとんど戦闘機でクリアすることも可能なのでそんなチキンプレイで終了です。やっぱりロボットは使いにくいんだってば!
全体的な難易度はクリアするだけなら低め〜普通と思います。
ユニークなのが、自機を停止させていると自動的に得点が加算されるシステム。上手いプレイ=無駄な動きをしない、という評価の具現化でしょうか。

ということで、

変形ロボの戦術を楽しみたい人へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください