THE カメラマン 〜激写ボーイ おまけ付〜

SIMPLE1500シリーズ Vol.94 THE カメラマン 〜激写ボーイ おまけ付〜

機種:PlayStation
発売日:2002/05/23
発売元:D3 PUBLISHER
ジャンル:アクション

■伝説のカメラアクション

PCエンジンの「激写ボーイ」におまけを追加して移植したもの。PCエンジン版をご存知の方はそのまんま遊べます。

主人公はカメラ好きの少年という設定で、カメラ学校の校長先生の指示で街中の特ダネシーンを激写してくるのが任務です。
十字キーでカメラの照準を動かし、ボタンでジャンプしたりシャッターを切ります。シャッターを切ると手持ちのフィルムを消費、フィルムが無くなるとステージ終了です(アイテムで補給可能)。
時々、スケボーやらボールやらのおじゃまキャラが飛んでくるのでシャッターを切って消滅させるか(どうして消滅するのかはツッコミ禁止)ジャンプで回避。当たってしまうとフィルムが減ります。

先生 「クルマが空を飛んでいるそうだから撮ってきてくれ」

はあ、そうですか。

GekiBoy_2

ホントに飛んでやがる。

という調子でどうにもバカゲーです。
各面で指定されたターゲットをちゃんと撮影できないとゲームオーバー。被写体が照準の真正面に入っていないと「ピンボケだな」と先生に怒られます。
ターゲット以外にも、歩いているおねーさんが転ぶ、飛行機がいきなり墜落する、UFOが超高速で飛んでくる、あんなところにスパイダーマンが!・・・・などなど、街中の被写体は一瞬だけ特ダネシーンがあります。
ステージクリアには一定の得点も必要で、特ダネシーン(配点が高得点)は見逃せないところ。

GekiBoy_1

露出のおっさんを激写! 後ろにいるのはアルプスの某少女??

ぶっちゃけ言ってしまうとシャッターチャンスの覚えゲーなのですが、ネタがくだらないので覚える過程がなかなか楽しめます。

ということで、

バカゲー好きな人はやりましょう。


■おまけ

GekiBoy_3

PCエンジン版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください