スクリューブレイカー 轟振どりるれろ

スクリューブレイカー 轟振どりるれろ

機種:GameBoyAdvance
発売日:2005/09/22
発売元:任天堂(開発:ゲームフリーク)
ジャンル:アクション

■どりるれろって何だ?

2D任意スクロール探索型アクションゲーム。ゲームフリークのゲームと言えば?・・・・

・ポケモンシリーズかな? → (´ー`)

・クインティですよ → (・ー・)

・パルスマン、バザールでござーるのゲームでござーるだよな → (゜ε゜)

盗賊団ボスの父親がケガでダウンしちゃったので、娘の「くるり」ちゃんがドリルロボ「ラセンダー」に乗って宝物を奪い返しに行く物語。
操作はジャンプと多彩なドリルアクション。ドリルはRボタン(正方向)とLボタン(逆方向)で回転、ボタンを押し続けてから更にタイミング良く押し直すとドリルパワーが上がる「ドリルアップ」を行います。ドリルアップはアイテム取得により3段階あります。
ステージ中の敵を攻撃したり壁を壊したり特殊なギミックに対処するには全てドリルを使用。ドリルを突っ込んで移動するリフトやシャッター開閉、ネジ外し等、正回転と逆回転の使い分けが要求されるギミックのアイデアが実に秀逸です。
また、ドリルアップのレベルを上げないと壊せない壁を設置して明示的にプレイヤーの行動を制限している作りが親切。覚えておいてドリルアップアイテムを取得してから戻ってくれば詰まらずに済みます。ステージ中の随所でヒントも出ます。このあたりは低年齢プレイヤーを配慮してのことなのかわかりやすいです。
難易度はボス戦が局所的に高くなります。更にオールクリアすると難しいステージが出現。やり込みボリュームも十分です。

操作系に関してですが、LRボタンを頻繁に使う為にお手持ちの本体によっては快適でないかもしれません。ゲームキューブ+ゲームボーイプレイヤー+標準コントローラーではLRボタンに入力遅延が発生しますのでデジタルコントローラーを使用した方が良いでしょう。

ということで、

独特のドリルアクションが爽快な良作。ブームに乗じてDS買っちゃった人にもオススメ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください