無限の住人 19巻

617TPJVFDQL._SL75_.jpg無限の住人 (19)
著者:沙村 広明
アフタヌーンKC/講談社

買いました〜。

キミ

鉄も斬れない様な人としか

戦った事ないの?


いやいや、この作品もついに 19 巻。長く続いていますね〜。
しかも、次巻でやっと[不死力解明編]が終了の予定!

天津影久とか、何処行っちゃったのでしょう?

とりあえず、帯に作品解説が書かれているので、ちょっと引用させて貰いましょ〜。

◆ 作 品 解 説 ◆

「勝つ事こそ剣の道」と断ずる逸刀流統主・天津影久に両親を惨殺された少女・凛は、身に血仙蠱を埋め込み不死身となった100人斬りの男・卍を助っ人とし、仇討ちの旅に出る───! '93年、アフタヌーン誌上に登場するや、その圧倒的な画力・大胆な演出・斬新な殺陣……等々により「時代劇」というジャンルを一躍、エンターテイメントの主流へと蘇らせた「ネオ時代劇」・最新巻!!

う〜ん正しいと言えば正しいのですが、何か凄まじく物足りない気がします。
帯には一緒にこの巻の内容も書かれているので、それも引用させて貰いましょう。。

◆ こ の 巻 の 内 容 ◆

不死の実験体として地下牢に幽閉された卍を救出するため、仇敵・逸刀流の少女剣士・吉乃瞳阿と手を組み、共に江戸城へと潜入した凛。しかし卍が幽閉された地下牢は、死者と犠牲者と殺戮者が蜷局を巻く、恐るべき「鬼の巣」であった。斬首人“首切り浅”をはじめ、次々と現れる強力な敵! 活劇に次ぐ活劇!! 衝撃の結末に向け、[不死力解明編]はついにクライマックスへと突入する!!!

とまあ、こんな感じ

読んでいる人じゃないと、作品解説との繋がりがさっぱりですね!

帯に書く意味がどの程度あるのでしょうか?
まあ、別にどっちでも良いのですけど

さてさて、そんな今回の作品の目玉は!!!

“首切り浅”こと、山田浅右ェ門カッコイイです!

もう、強すぎ!
日頃が阿呆な態度だけに最高です。
そしてそして

黄金蠱パワーアップ!

この辺りではないでしょうか〜。

この記事も読んでいる人じゃないとさっぱりな状態ですが
とりあえず、読んだことのある人は黄金蠱のパワーアップに期待しましょ〜。


− おまけ −

相変わらず 役立たず ですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください