煉獄のエスクード〈3〉RHYTHM RED BEAT BLACK

41VWRRDHF0L._SL75_.jpg煉獄のエスクード〈3〉RHYTHM RED BEAT BLACK
著者:貴子 潤一郎
イラスト:ともぞ
富士見ファンタジア文庫
関連記事:煉獄のエスクード RAINY DAY&DAY

買いました〜。

『わたしが献上品ですって? ふざけんじゃないわよ、

あのクソババア』


2 巻を跳ばしての 3 巻のレビューです。
煉獄のエスクード、いよいよ盛り上がってきましたよ〜。
何せ今回は

正ヒロイン(?)登場!

2 巻のボケボケキャラ“アイリス”も、あれはあれで良かったのですが
今回の“ルーシア”は、更に一味違います!
何というか

流行キャラ網羅!

具体的に言ってしまえば、

眼鏡ドジっ娘萌え属性 + ツンデレ

という感じの、本来ならば相反する性格を裏技使って同居ですよ!
狡いというか賢いというか

貴子センセ、欲張りすぎ〜!

とまあ、そんな感じで Good ですよ〜!

勿論ヒロインキャラだけでなく、他のキャラ達もイケてます。
真澄くんにもいいパートナー(?)が付いたし。
レイニーは相変わらず歩く殺戮マシーンだし。
クラウディアは性格素敵過ぎるし。

主人公キャラが一番影薄くね?

まあ、そんな感じ。

ストーリーの方は、人間の世界に残された 3 人の盟主(ロード)の中で最も最上位にありながら、現在存在が確認されていない人物の登場や、最強と呼ばれた魔術師と魔族との繋がり。そして、盟主とヒロインルーシアとの関連。
少しずつ伏線と謎解きを増やしながら、どんどん盛り上がりを高めていっています。

まあ、そんなわけで

次巻にも大いに期待!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください