ウィンブルドン 2006 男子決勝

いやぁ、やりましたねぇ、フェデラー貫禄のV4。
さすが芝の王者

ナダルに1ゲームも与えずに取った1セット目。
1ゲーム目いきなりブレイクされたものの、タイブレークまで持っていって粘り勝った2セット目。
両者サービスキープのままタイブレークにもつれ込み、残念ながら落としてしまった3セット目。
プレッシャなど感じさせず、余裕さえ感じさせて勝った4セット目。
やっぱ、強いなぁ。

試合中、気になっていたのはフェデラーのコーチが噛んでいた輪ゴムらしきものと、最後のスペイン人のウィンブルドンチャンピオンサンタナさん

ところで、どうでも良いことなんですが、フェデラーってQ.タランティーノ監督に似てると思いません?
タラちゃんを、ちょっと男前にして上品にするとフェデラーになりそうなんですが (^^;;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください