λに歯がない

51XHRJY4HCL._SL75_.jpgλに歯がない
 著者:森博嗣
「すべては、イメージだ。生きていることも、生きているとイメージしているだけだ。
死んでいる状態も、生きているものが、死んでいるとイメージしているだけだ。

密室状態の研究所で発見された4つの歯を抜かれた銃殺死体。
それぞれのポケットには「λに歯がない」と書かれたカードが。
犯人の逃走経路は?そしてカードに記された文字の真意は?

Gシリーズ5作目、西之園嬢はでずっぱりです。
ますます影が薄くなる海月君。
そして、やっと登場。保呂草さん。
トリックは久しぶりの大仕掛けです。
もちろん、犀川先生は早い段階で気づいてました。

Gシリーズは単体では評価しづらいですねぇ。
一つ一つの事件の裏で動く真賀田博士と、そのトリマキ連を想像しながら読み進むのは楽しいです。
評価はシリーズ終了後に総括して行ったほうが良さそうです。

なので、S&Mシリーズ、Vシリーズ、Gシリーズを読んできている人にしかオススメできかねます。

関連記事:εに誓って

2 thoughts on “λに歯がない

  1. をかもと 投稿作成者

    taka さん、どもです。
    「人に歯がない」の方が、なんとなく意味が通じますね。

    Gシリーズは、事件に必ずギリシャ文字のメッセージが関連しているのですが、それぞれの事件は独立していて、関連が無いように見えます。
    次回作は「η(イータ)なのに夢のよう」

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください