THE PRODUCERS

51ZJD37TXCL._SL75_.jpgプロデューサーズ
 出演:ネイサン・レイン, マシュー・ブロデリック, ユマ・サーマン, ウィル・フェレル, ゲイリー・ビーチ
 監督:スーザン・ストローマン
「お茶を淹れるのはティーバック、お客が喜ぶのはTバック」

ブロードウェイのプロデューサー(ネイサン・レイン)と会計士レオ(マシュー・ブロデリック)は、絶対にコケるショーを興行し、出資金を持ち逃げしようと企んだ。
ナチスマニア(ウィル・フェレル)の書いた最低の脚本(「春の日のヒトラー」)と、ゲイの舞台演出家(ゲイリー・ビーチ)、英語が怪しいスウェーデン美女(ユマ・サーマン)を集めて、ブロードウェイで上演!
失敗確実のはずのショーが、なぜか成功してしまい

面白かったです。
ゴージャスで、ナンセンスで、おバカで、ホロリとさせられて。
ユマが活躍しだした後半も良いですが、オジさんコンビとオババ達が暴れまわる前半も中々。

しかし、ユマファンの私としては、後半は感涙モノですねぇ。
歌って踊るユマ。嬉しいですねぇ。セクシーです。
戦うユマも良いですが、セクシーなユマも良いです

と、言うわけでミュージカル映画に抵抗が無い人と、ユマ・サーマンファンに激しくオススメ。

3 thoughts on “THE PRODUCERS

  1. をかもと 投稿作成者

    hi-chan どもです。
    結局、劇場には行かずにDVDで観ました。

    下ネタあり、風刺あり、ゲイありで、中々笑わせてもらいました。
    エンドロール後のアレも良かったし (^^;;;

    返信
  2. ピンバック: Movies!!

  3. hi-chan

    見終わった後に、拍手したくなる映画でした。映画っていうか、ミュージカルって感じですよね、まさに。
    かなり笑わせてもらいました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください