PC-BSD の日本語環境

先日、とりあえずインストールしてみた PC-BSD だが、その後いじっていなかった。
久しぶりにまとまった時間があったのでいじってみていて、ハっと気づいた。
デフォルトインストールだと日本語が入力できない(T-T)

以前は kinput2 + Canna で日本語入力していたのだが、最近はどうやら uim + Anthy が流行りらしい。
Ports から、それらをインストールしたので忘れないように自分用にメモ。

まずは root での作業。
デフォルトインストールしたばかりだと ports リポジトリが空なので、cvsup を使用して更新。

# cvsup /root/ports-supfile

portinstall, portupgrade をインストールしておくと、何かと便利なのでインストール。

# cd /usr/ports/sysutils/portupgrade
# make; make install
# rehash

portinstall で uim と anthy をインストール。

# cd /usr/ports
# portinstall japanese/anthy
# portinstall japanese/uim-anthy
# portinstall text/uim-gtk

ついでに /etc/X11/XF86Config の[InputDevice]セクションを修正して、キーボードレイアウトを変更しておきましょう。

Section "InputDevice"
 Identifier "Keyboard0"
 Driver "keyboard"
 Option "XkbModel" "jp106"
 Option "XkbLayout" "jp"
EndSection

続いて、一般ユーザでの作業。
~/.xprofile で LANG をセットしておきましょう。

# Environment variable for kdm
export LANG=ja_JP.eucJP
export XMODIFIERS='@im=uim'
export GTK_IM_MODULE=uim

~/.xprofile の中で uim を起動しちゃっても良いんですが、KDE では起動時に実行するコマンドは ~./kde/Autostart/ の中に置いておくみたいなので、そちらにシェルスクリプトを書いて置いておきましょう。
シェルスクリプトは、こんな感じ。

#!/bin/sh
uim-xim &
uim-toolbar-gtk-systray &

作成したシェルスクリプトは chmod 755 を忘れずに。

Konsole などのQtアプリケーションのために XIM の入力スタイルを設定するために ~/.qt/qtrc の[General]セクションに以下の行を追加しておきましょう。

[General]
XIMInputStyle=Over The Spot

こんな感じで設定すれば、uim + anthy で日本語入力できるようになるはず。


日本語入力環境はできればデフォルトでインストールされるか、pbi で用意してほしかった。
Ports/Packages は優れたアプリケーション管理システムなんだけど、PC-BSD がターゲットにしている BSD,UNIX 初心者にはちょっと厳しいかも。


2007年3月2日 追記
通りすがりの親切な人が uim-anthy インストール用の pbi を教えてくれました。
こちらを使えば、ぐっと簡単にインストールできます。まず、こちらから UIM-Anthy インストール用の pbi を取ってくる。
# 現在の最新バージョンは UIM-Anthy1.3.1-8322-PVbeta01.pbi のようです。
取得した pbi ファイルをダブルクリックして起動すると root のパスワードを聞かれた後、インストールウィザードが起動するので質問に答える。

インストールウィザードが /etc/xprofile も修正してくれているので、特になにもする必要は無い。
ログインしなおせば、日本語入力が出きるようになってます。

楽チンですね。

4 thoughts on “PC-BSD の日本語環境

  1. をかもと 投稿作成者

    gomat さん、はじめまして。

    ダウンロードが、うまく行ってないんですかね。
    コンソール起動して、以下のコマンドでダウンロードしてみてはどうでしょうか?

    wget http://www.ofug.net/~yamajun/files/UIM-Anthy1.3.1-8322-PV01.pbi

    あと、~/.xprofile に他の日本語入力プログラムが設定されてたりすると動作しないので、その辺も確認してみては?
    この辺は PC-BSD Forum で、ある程度説明されてるのでそちらを参照してみては如何でしょうか?

    私がインストールしたときは、特に悩むところも無かったのですが (^^;;

    返信
  2. gomat

    PC-BSD のホームページに掲載されています、
    「yamajunさんの日本語入力PBIパッケージのリリース版」について教えて下さい。

    ”PC-BSD 1.3向けに日本語入力PBIパッケージのリリース版を作成しました。
    インストール後に一度ログアウトして再ログインすると日本語入力できるようになります。”

    と記載されてありますので、

    http://www.ofug.net/~yamajun/files/UIM-Anthy1.3.1-8322-PV01.pbi

    をクリックしますと、ダウンロードされて後、

    ”バイナリファイルを開きました-konqueror 保存すると・・・壊れます”
    というダイアログボックスが表示されますので、
    OKボタンをクリックし、インストールしました、と記載されてあるバイナリファイルを(何もしないまま)閉じ、再起動しますが、日本語入力ができません。

    さらに何かをしなければならないのか、やり方が間違っているのでしょうが、正しいやり方を教えていただけませんでしょうか。
    よろしくお願いします。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください