嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 1 巻

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん -幸せの背景は不幸-嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん -幸せの背景は不幸-
著者:入間人間
イラスト:左
メディアワークス/電撃文庫

買いました〜。

嘘だけど


ちょっと前の作品になりますが、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん -幸せの背景は不幸-』の 1 巻をご紹介いたします。
第13回電撃小説大賞にて最終選考会で物議を醸した問題作と言われ、何の賞も受賞していないのに出版に至っているという非常に希有なこの作品。
前からタイトルは知っていて興味はあったのですが、最近知人に勧められたのと大昔に共同執筆者のをかもと氏にも勧められた記憶があったので、この度買ってみました。
あらすじはと申しますと、いつも通り表紙の折り返しに書かれている文章をお借りして

 御園マユ。
 僕のクラスメイトで、聡明で、とても美人さんで、すごく大切なひと。彼女は今、僕の隣にちょこんと座り、無邪気に笑っている。
 リビングで、マユと一緒に見ているテレビでは、平穏な我が街で起こった誘拐事件の概要が流れていた。誘拐は、ある意味殺人よりも性悪な犯罪だ。殺人は本人が死んで終了だけど、誘拐は、解放されてから続いてしまう。ズレた人生を、続けなければいけない。修正不可能なのに。理解出来なくなった、人の普通ってやつに隷属しながら。
 ──あ、そういえば。
 今度時間があれば、質問してみよう。
 まーちゃん、キミは何で、あの子達を誘拐したんですか。って。

とまあ、こんな感じ。
要するに、恋人が誘拐犯という立場の主人公。
しかも、この恋人が過去の出来事が原因で凄まじい壊れっぷり
かといって主人公がまともかと言うと、これもかなりの壊れっぷり
そんな感じの物語〜〜〜..全然伝わりませんかね。

確かに主人公の考え方とか、あと出来事の描写とか
色々と物議を醸し出すかもしれないなぁ〜と思う感じの部分はあることはあるのですが。
そんなに酷い感じもしないのですよねー。何でそんなに選考で揉めたのでしょう?

個人的にはどちらかというと、パクリ疑惑で揉めたのかなぁ〜なんて想像しちゃったりして。
何ていうか、過去の出来事のシチュエーションが某エロゲでみたことあるなーとか。
主人公の性格が某小説で読んだことあるなーとか。
ぶっちゃけ言うと『Cross†Channel』と『戯言シリーズ』なんですけどね。
同じ感想をもった人居ない? 居ない?

 居たらその場で挙手をお願い致しま〜〜〜す。

とはいえ、個人的にはパクリとかオマージュとかインスパイアとか
元ネタを書いた本人が何か訴えているのであれば気にするべきことだとは思うのですが、
関係のない立場の人がパクリだ何だと騒ぎ立てるのは、正直お門違いと申しましょうか。
意味ないと考えているので、これはこれで OK だと思うのですよね〜。
えぇ、中身的には普通に面白かったです。

というわけで、『Cross†Channel』の出来事もしくは、
戯言シリーズ』の主人公のキャラ・喋りが大好きな人であれば、
オススメしたいと思います〜。

というわけで、1 巻が面白かったので残り 5 冊を頑張って読まなければ(ぐっ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください