ヴァーチャル・ガール

「ヴァーチャル・ガール」
 著者:エイミー・トムソン
 訳者:田中 一江

ちと古い本ですが、なかなか良いです。

舞台はアメリカ、主人公はNerdのアーノルドに作られたAIマギー。
ボディを与えられたマギーが初めて町に出たとき、あまりの入力情報の多さにオーバーロードする辺りの描写は圧巻。
# その割にはあっさりと解決しちゃいましたが (^^;;
前半はアーノルドとマギーの旅を中心に描かれ、後半はアーノルドと別れたマギーがネット上で他のAIと出会い成長していく様をえがきます。

とにかく、マギーちゃんが可愛い。前半のダメダメなアーノルドも良い。
# 後半ではアーノルドは出世して偉そうな学者になっちゃいますが(T-T)

1993年発表の作品ですが、今読んでも面白い一品です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください