海腹川背・旬

海腹川背・旬

機種:PlayStation
発売日:1997/02/28
発売元:エクシング
ジャンル:アクション

■旬はとっくに過ぎましたが

2Dルアーアクションゲー、スーパーファミコンからのパワーアップ移植版。タイトルは主人公の女の子の名前(うみはら・かわせ)からきています。
コミカルな画面の見た目とは裏腹に高度な操作テクニックが要求されるアクション玄人向け作品。

Umihara1Umihara2

海腹川背さんのジャンプとルアーを駆使してステージ中のドアまで辿り着ければクリア。穴に落ちたり、敵に触れる(敵はルアーで倒せる)とミスとなり、残機を使い切るとゲームオーバーです。
ステージは50程度あり、ドアを通ってきたルート次第で20ステージ程度クリアすればエンディングとなります。
で、移動のキモになるルアーアクション。ルアーをカベに飛ばして引っ掛け、ロープを巻き戻したり伸ばしたり、振り子反動を利用して障害物を登ります。パワーアップアイテムの類は無く海腹川背さんの基本性能だけで進めるようになっていますが、思い通りに操作できるようになるにはそれなりの練習が必要です。
上達のヒントは説明書やゲーム中のデモ画面でフォローされているので、あとはプレイヤーのやる気次第。ある程度上達すれば障害物をショートカットできたり(高等テクを使うと近道ができる作りになっている)、違うドアのルートを見つけたりと面白くなってきます。
到達したステージは練習モードで繰り返しプレイ可能、タイムアタックやリプレイ保存機能も付属。そんなところもあってネットを探すとマニアックなやりこみ情報が拾えます。
パッケージは後でリリースされた廉価版「海腹川背・旬 セカンドエディション」もあり、こちらは若干内容が違います。これから入手したい方はご注意ください。

ということで、

歯応えのあるアクションゲームをお求めの方へ。


■おまけ

ゲーム中に実在商品のCMが入っているというのは珍しい → 玉露園「こんぶ茶」。
(セカンドエディションでは無くなったそうで)
ルアーの挙動、プログラム技術的にスゴイと思うんですけど。びょーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください