唐松岳

唐松岳山頂からのぞむ不帰の嶮方面2日目は今回のメインの目的唐松岳(標高 2,696m)登頂。

麓から見た際、山頂付近が雲に覆われていたため山頂からの眺望は諦めていたのだが、山頂に到達した際に雲の切れ間があり、白馬三山へと連なる不帰の嶮(かえらずのけん)も雲間からほんの少し見ることができた。
しかし、往復5時間弱の日帰りトレッキングコースとはいえ、普段鍛えていない中年にはきついものがある。
ちっとは体を鍛えようかと思ったり、思わなかったり (^^;;;

行程大体の行程。クリックすると拡大表示されます。

まずは「黒菱第3リフト」「グラードクワッドリフト」と乗り継いで標高1,850mの八方池山荘へ、一気に時間と距離が稼げるので楽チンですね。
そこから、尾根沿いに「八方池」「丸山ケルン」を経て、唐松岳山頂を目指します。
大体3時間くらいで山頂に着く予定。

登頂中は雲の中登頂中、雲間が晴れた登頂中は、ずーっと雲の中。時折、雲の切れ間に山頂方面が見える。
10ウン年前、現役でこの辺を縦走していた頃には登山客もさほど見かけなかったのだが、最近は中高年の登山ブームもあるのか、オジサマ・オバサマの姿が目立つ。
驚いたのはスーツ姿の添乗員さんが居たこと。ご苦労様です m(_ _)m

唐松岳山頂山頂辺りから見る唐松山荘9:10頃に八方池山荘を出発して、なんだかんだで唐松岳山頂着が11:50頃。
Ashが麓から背負ってきた泡だらけのビールで乾杯した後、昼食。
30分くらい山頂でグダグダした後、下山。

青木湖荘オートキャンプ場青木湖下山後は、青木湖まで移動して「青木湖荘オートキャンプ場」に宿泊。
一人800円+テント一張1,000円の合計3,400円。
オートキャンプ場としては、少し安めか?
夕飯は「焼肉」と「焼ソバ」、ビール少々に日本酒。
アルコール度46度の激辛口日本酒「越後さむらい」の前にあえなく撃沈(T-T)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください