皇国の守護者 4 巻

31VQ05MZCYL._SL75_.jpg皇国の守護者 (4)
原作:佐藤 大輔
漫画:伊藤 悠
ヤングジャンプ・コミックス・ウルトラ/集英社
関連記事:皇国の守護者 1 〜 3巻

買いました〜。

────許しは乞わない
だが、後悔だけはさせない


悲惨さだけを強調したような戦記浪漫「皇国の守護者」4 巻の登場です〜。

遂に北領戦に決着!!!

・・・って、どう書いてもネタバレになるなぁ〜(汗)。
どうにもレビューを書くのが難しい感じの今回の巻ですが
まあ、前までの巻を読まれた方であれば決着としてのこの巻を是非読んで欲しいという感じでしょうか。

衝撃的なほどの、その悲惨な結末を


−ネタバレ含むおまけ−

評価が★3つなのは、予備隊が敵輜重を叩いてから包囲戦になるまでの描写が非常に解り辛いな〜と感じたのと、状況的に仕方ないとはいえ戦闘が全て“力業”になってしまっているが故でしょうか

でも、この作品まだ続くんだよなぁ
いったいどんな展開になっていくのか非常に楽しみなのは確かです。
(だから原作には手を出さないとか、言い訳してみたり)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください