ジナス-ZENITH 3 巻

ジナス-ZENITH(3) (モーニングKC)ジナス-ZENITH (3)
著者:吉田 聡 + ビッグ・オー
モーニングKC/講談社
関連記事:ジナス-ZENITH 1 巻

買いました〜。

宝ってのは面白えもんでな
ゴミ同然のビンのフタやガムの包み紙が
ある人にとっちゃあ価値ある物になる

俺たちが明日掘るのは……
あいつの“自分”さ


面白くなってきましたね〜
と、正直思わずにはいられない大御所吉田聡先生の描く新境地『ジナス』の3巻をご紹介致します〜。
レビューし忘れてしまった2巻で、主人公に敵対(?)する存在“絵描き”の出てきたこの物語ですが、今回は更に主人公“殺し屋”の過去に触れる物語が語られ始めます。
その一方で1巻でメインに行われていた1話完結のヒューマンドラマも続いており、二つの物語が交互に語られるような形で全体は進められていきます。

まず本編の方。“殺し屋”である主人公と、謎の“絵描き”
“物体”を見てしまった為にジナスと深い関わりを持ってしまった新聞記者犬沼健太郎は、老人ホームの火災から避難した人たちの証言で“絵描き”の存在を。そして、突如戻ってきた行方不明だったオリンピック選手の情報から、“絵描き”と同じ名前を名乗る“殺し屋”そっくりの男の存在を知る。
“殺し屋”そっくりの男の過去を追いかける犬沼。その男は神とすら呼べる程に完璧で、誰からもその存在を恐れられ、そして何年も前に海外で壮絶な死を遂げていた
色々なものが見えてきていますが、まだまだ謎が謎を呼ぶ展開で目が離せません!

そして、1話完結の物語の方。
本編から目が離せないと書いておきながら、個人的にはこちらの形式の話の方が面白くてオススメだったりします!
特に「我が名はイノキ」と「宝探し」の話は良いですね〜。
不器用な男の精一杯の足掻きが何とも言いがたい程に上手く表現されています。
そして、人と関わり会い続けることで徐々に人間としての表情を取り戻しつつある“殺し屋”も素敵なものがあります。

1巻を読んだ時以上に、色々な人に読んで欲しい作品になってきました!
興味のある方は、是非手にとって読んでみてください〜。


− おまけ −

「我が名はイノキ」で馬場さんを思い出したのはイノキでいいんですよね?
途中で“殺し屋”が「おまえを思い出した人間を捜そうともしない」と表現しているので、あくまでも人間なのかな? とも思ったのですが
まあ、そんな些細なことはどーでも良いのですけどね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください