量産型はダテじゃない! 2〜5巻

量産型はダテじゃない!〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)量産型はダテじゃない!3 (富士見ファンタジア文庫)量産型はダテじゃない!4 (富士見ファンタジア文庫)量産型はダテじゃない!5 (富士見ファンタジア文庫)(2)(3)(4)(5)
著者:柳実 冬貴
イラスト:銃爺
富士見ファンタジア文庫/富士見書房
関連記事:量産型はダテじゃない!

買いました〜。

テキビシッ!


ず〜〜〜〜〜〜〜いぶん前にレビューしたような気がする『量産型はダテじゃない!』の続刊をご紹介いたします。
いや〜、前のレビューが 1 年以上前ですよ!
> 何か続編出せそうな終わり方なんですよねー。
> 出版社の意向云々もあるのだろうけど出すのかなぁ〜。
何て書いておきながら、気が付けばもう 5 巻!
いやいやいやいや、流石ライトノベル。
出せるものはじゃんじゃん出してしまいますって感じでしょうかねー。
しかし、作品自体はこの巻で終了となります。

つーわけで、これ以降は多少ネタバレも含む内容になりますが故に、
まだ未読でこれから読んでみようかな〜と思っている方は御注意ください。


個人的には内容の方もなかなか良かったのではないかと思います。
女性キャラにはかなりウケ狙い個性的なのを揃えてきておりましたが、
特にそういった部分ばかり強調して媚びるような演出そこばかり注目されもしませんでしたし、
あくまでも頑張る量産型のボロロボットを中心にストーリー展開していくのは、一貫した流れとして楽しむことができました。

また、何処まで伏線として計画していたのかわかりませんが、
そこ此処に仕込まれていたキーワードもそれなりに納得できる形で回収されていたのも良かったですね。
ただ、もう少しイレイザーデバイスの設定とか、ザドリュートの設定は掘り下げて欲しかったかなー。
主軸に関わる部分だっただけに、ちょっと物足りないものを感じました。

まあ、何というか.とにかく真っ当にライトノベルって感じ?
かる〜く楽しもうと思う方には、オススメしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください